フォト

マーケティングBlog

【業務/執筆/講演】

サイト内検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 二人の空間 | トップページ

2013年4月15日 (月)

時短男

春だというのに肌寒い日、その男はビジネス客が行き交うターミナル駅のバス停に並んでいた。
年の頃二十代前半。茶系に染めた髪、少し眩しそうに細めた目元が印象的なイケメン。紺のブレザーに第二ボタンまで開けた白シャツ。履き込んだジーンズ。

昼間のバスはなかなか来ない。

男はジーンズの前ポケットからコンパクトな電気シェーバーを取り出して髭を剃り始めた。
シュルシュルというシェーバーの回転音に、チリチリと髭が剃れる音が混じって響くる。

電話がかかってきた。
男は左手にシェーバーを持ち替え、右手で尻のポケットからガラケーを取り出して開いた。
「もしもしー、どうもー。」
シュルシュル、チリチリ。
相手にはどんな風に声と音が聞こえているのか気になるが、短い通話と髭剃りは同時に終わった。

男はブレザーのポケットから、スニッカーズを取り出して、封を切って食べ始めた。
バスが来た。
男はチョコバーの残り半分を一気に口に入れ、膨らんだ頬のまま、バスに乗り込んだ。
その頬は髭の剃り残しもなくスッキリしたものだった。

« 二人の空間 | トップページ

タウンウオッチ&人間観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93392/57178230

この記事へのトラックバック一覧です: 時短男:

« 二人の空間 | トップページ