« March 2020 | Main | May 2020 »

April 2020の5件の記事

2020.04.29

イオンの介護食が取り込むニーズとは?

日経MJ4月10日号の記事によると、イオンが介護食シリーズ「トップバリュ
柔らかシリーズ」を8年ぶりに全面刷新し、メニューを拡大したということだ。高齢化で在宅介護を選ぶ人が増えたことにより、介護食はキューピーなどの大手のほか、アイリスオーヤマなど異業種からの新規参入も増え、競争が激しくなっているという。

「ニーズ」とは、「顧客の現状と理想的な状態のギャップ=未充足な状態」のことである。「未充足」なので、何らかの「ふ(不・負)」の付く言葉が隠されている。

「トップバリュ 柔らかシリーズ」刷新のポイントを見ていくと、電子レンジで温めるだけで食べられるパッケージを全ての商品で採用し、火を使って暖めたり食器に移し替えたりという「手間を減らしたい=負荷」というニーズに応えている。品目も増やした。「シニアには和食・魚や野菜」と思いがちであるが、実は要望が強かった洋食や肉メニューなどを追加したという。つまり、「メニューの不足、不満」という未充足ニーズを解消したわけだ。また、容量と価格も見直している。1つあたり100~160グラム入りで税別138円で販売していたものを、80~150グラムで128円とした。「食べきれないので、不要」、少しでも安く、金額の負担を減らしたい」という「不・負の字」を解消している。

販路は、全国にあるイオンの総合スーパー(GMS)約700店ということだが、高齢者同士で介護する「老々介護」も増えており、高齢者は遠くのスーパーまで行く「負担」を削減したいというニーズを持っているので、イオンの小商圏型小型スーパー「まいばすけっと」での販売も望まれる所だ。

記事中で紹介されている富士経済の調査によれば、政府の医療費削減ための在宅介護推進によって、在宅高齢者の食事市場は19年の166億円から、25年には53%増の254億円になると予測されている。中でも、「在宅向けやわらか食」は19年の47億から、25年は59%増の75億円まで膨らみ、高齢者の食事市場全体を上回る成長が期待されているという。

「ニーズはふ(不・負)の字に隠れている」が、わかりやすい「ふの字」はあらかた刈り尽くされてしまっているという意見もある。しかし、顧客の声をよく聴き、顧客の実態をつぶさに観察すれば、まだまだ、解消すべき「ふの字」はたくさんあることを、この事例は教えてくれていると言えるだろう。

(初出:一般社団法人日本元気シニア総研・メールマガジン)

|

5月6日(水)20:30~第4回LINEライブ・マーケティング勉強会のお知らせ

5月6日(水)20:30から、第4回の「LINEライブ・マーケティング勉強会」を開催します。
「金森マーケティング事務所・マーケティング勉強会」というLINEグループを作り、その中で隔週でLINEライブを行っています。
参加費は無料です。
 この勉強会は、拙著「9のフレームワークで理解するマーケティング超入門」を用いて、マーケティングを理解し、使えるようになるための最低限の9つのフレームワークを「流れ(体系)」で読み解いていきます。
(書籍をご購入されなくても受講は可能です)
第1回は「マーケティングの意味」「マーケティングの全体像」について。
第2回は「ニーズ」について。
第3回は「環境分析(3C分析)」について議論しました。
次回のテーマは「セグメンテーション」についてです。
「マーケティングの流れ(全体像)」で言えば、「環境分析」に続く、「戦略立案」の部分にあたります。
マーケティングにおける、「戦略立案」とは、「誰に・どのような価値を提供するのか?」を考えることです。
そのためのフレームワークが、「セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング(STP)」です。
STPの第一段階が、「市場にどのような顧客候補群がいるのか?」を明らかにするものです。
非常に重要な部分ですが、誤った考え方が散見される部分でもあります。
その基本を、しっかりと学んでいただきたいと思います。
 「9のフレームワークで理解するマーケティング超入門」(同文館出版)1650円 
 毎回、書籍の内容に加えて、適宜、例題や演習のスライドを用いて進めています。
演習の答えなどは、チャットで回答していただいて、インタラクティブに進めています。
 ご参加いただいている方には勉強会だけでなく、「自分の業務の中での“マーケティング的な”お悩み」に対するアドバイスも、個別にさせていただいています。
現在、20数名の方が参加されていますが、まだまだ、募集中です。
ご関心のある方は、下記のメールアドレスまで「マーケティング勉強会参加希望」というタイトルでご連絡ください。
kanamori-kmo@nifty.com
本文に以下をご記入ください。
・お名前
・会社名
・お仕事内容
・マーケティングとの関わり(あれば)
・どんな事を学びたいか
・その他、メッセージがあればご自由に
ご連絡お待ちしています!

|

2020.04.15

4月22日(水)20:30~・第3回LINEライブ・マーケティング勉強会のお知らせ

新型コロナウイルスの影響でセミナー開けないので、LINEのライブ配信機能を使って、マーケティング勉強会を開催しています。
「金森マーケティング事務所・マーケティング勉強会」というLINEグループを作りましたので、その中でLINEライブを行っています。
参加費は無料です。
隔週開催で、今回で第3回目となります。
この勉強会は、拙著「9のフレームワークで理解するマーケティング超入門」を用いて、マーケティングを理解し、使えるようになるための最低限の9つのフレームワークを「流れ(体系)」で読み解いていきます。
(書籍をご購入されなくても受講は可能です)
第1回は「マーケティングの意味」「マーケティングの全体像」について。
第2回は「ニーズ」について議論しました。
次回は4月22日(水)20:30~21:30に開催します。
テーマは「環境分析(3C分析)」についてです。
マーケティングの環境分析は、市場におけるチャンスとリスクを明確にし、戦略の方向付けをするために欠かせません。
そのために、各種のフレームワークがありますが、最もクイックかつ、明確に答えの出せるフレームワークが「3C分析」です。
非常にポピュラーなフレームワークですが、ともすると、単なる「情報整理」に留まってしまいがちです。
そんな3C分析の使いこなしのポイントを分析事例や例題を元に学んでいきます。
「9のフレームワークで理解するマーケティング超入門」(同文館出版)1650円 
https://www.amazon.co.jp/…/…/ref=cm_sw_r_apa_i_PjDBEb754JCSD
毎回、書籍の内容に加えて、適宜、例題や演習のスライドを用いて進めています。
演習の答えなどは、チャットで回答していただいて、インタラクティブに進めています。
ご参加いただいている方には勉強会だけでなく、「自分の業務の中での“マーケティング的な”お悩み」に対するアドバイスも、個別にさせていただいています。

現在、十数名の方が参加されていますが、まだまだ、参加者は募集中です。
ご関心のある方は、下記のメールアドレスまで「マーケティング勉強会参加希望」というタイトルでご連絡ください。
kanamori-kmo@nifty.com
本文に以下をご記入ください。
・お名前
・会社名
・お仕事内容
・マーケティングとの関わり(あれば)
・どんな事を学びたいか
・その他、メッセージがあればご自由に
ご連絡お待ちしています!

|

2020.04.13

「舌磨き市場」の拡大

皆さんは普段、どのような口腔ケアを行っているだろうか?ほとんどの人にとって、「歯磨き」は子どもの頃からすっかり習慣化しているだろうが、「舌磨き」をする人はまだまだ少ないようだ。日経MJ113日号の記事によると、ライオンが18年に2030代を対象に実施した調査では、2週間に1回以上舌を磨いている人は44%。そのうち9割近くが歯ブラシで舌を磨いており、舌クリーナーを使用する人は1割のみだったという。口の中には数千億個の細菌が含まれ、舌に付着しているものも多い。細菌がたんぱく質を分解し、口臭の原因となる化合物が発生する。

歯ブラシで舌磨きをすると、刺激が強すぎて、デリケートな舌を傷つけてしまう恐れがあるという。しかし、専用の舌クリーナーが普及していなかった理由の一つは、供給するメーカーが少なかったからだという。国内トップシェアを持つシキエン(新潟市)は、社長を含めてわずか5人の小さな会社だという。そこに、19年に大手のライオンが参入してきた。専用特設コーナーを設置する小売店も出始めているという。

「ニーズ」は「ふ(不・負)」の付く言葉に隠れている。口臭の「不快」、歯ブラシで舌をゴシゴシしてしまう「負荷」。市場のより一層の口腔ケアに対する潜在ニーズが顕在化し、専用舌クリーナーによる口腔ケアの市場が拡大するだろう。調査会社の富士経済(東京・中央)によると、19年の市場規模は前年比17%増の89千万円で、今後の拡大が予想されるという。

シニア世代になると、唾液の分泌量が減る「ドライマウス」になる傾向があり、唾液の力で歯の表面や舌、粘膜に付いた細菌を洗い流す自浄作用が低下する。口臭の原因にもなる。この、新しい、専用舌クリーナーによる口腔ケアは、シニア世代こそ、いち早く取り入れていくべきではないだろうか。

(初出:一般社団法人日本元気シニア総研メールマガジン)

|

2020.04.04

4月8日(水)20:30~・第2回LINEライブ・マーケティング勉強会のお知らせ


新型コロナウイルスの影響でセミナー開けないので、LINEのライブ配信機能を使って、マーケティング勉強会を開催しています。
「金森マーケティング事務所・マーケティング勉強会」というLINEグループを作りましたので、その中でLINEライブを行っています。
参加費は無料です。
第1回は3月26日(木)に「マーケティングの意味」「マーケティングの全体像」に関して議論しました。
次回は4月8日(水)20:30~21:30に開催します。
テーマは「ニーズ」についてです。
「ニーズ」は、もはやカタカナ日本語として一般的に使われていますが、本当の意味が間違って認識されているケースが散見され、それがモノが売れない原因になっていることも多々あります。
そんな「ニーズ」の本当の意味と、顧客ニーズの抽出の方法などを議論したいと思います。
教材に、拙著「9のフレームワークで理解するマーケティング超入門」(同文館出版)1650円 を使います。
https://www.amazon.co.jp/…/…/ref=cm_sw_r_apa_i_PjDBEb754JCSD

書籍をご購入されなくても受講は可能です。
書籍の内容に加えて、適宜、例題や演習のスライドを用いて進めています。
演習の答えなどは、チャットで回答していただいて、インタラクティブに進めています。
今後も、隔週で1回1時間~1時間半ぐらいで開催していきます。
ご参加いただいている方には勉強会だけでなく、「自分の業務の中での“マーケティング的な”お悩み」に対するアドバイスも、個別にさせていただいています。
現在、十数名の方が参加されていますが、まだまだ、参加者は募集中です。
ご関心のある方は、下記のメールアドレスまで「マーケティング勉強会参加希望」というタイトルでご連絡ください。
kanamori-kmo@nifty.com
本文に以下をご記入ください。
・お名前
・会社名
・お仕事内容
・マーケティングとの関わり(あれば)
・どんな事を学びたいか
・その他、メッセージがあればご自由に
ご連絡お待ちしています!

|

« March 2020 | Main | May 2020 »