« 【知見録・連載26回】「後のアフター」でニーズの深掘りはできていますか? | Main | シリーズ:マーケティングなんてカンタンだ!・間違いがちなフレームワークを総点検【第7回】4Pは「混ぜないと危険!」 »

2016.06.10

【Business Journal:連載「マーケで斬る」第3回】「カフェイン中毒死亡者も…カフェインレスコーヒーが爆発的普及の兆候、寝る前や妊婦もOK

世の中の動きや新商品の狙い、ヒット商品が売れるワケなどを「マーケティング」を切り口として考えてみようという主旨のこの連載、第3回は「カフェインレスコーヒーの普及」を考えてみました。

普及論といえば、E.Mロジャース先生で、「普及曲線(S字曲線)」とか、その過程で顕れる、イノベーター・アリーアダプター・アーリーアダプターなどの顧客分類が有名ですが、新しいイノベーションが普及する、(または普及の速度が速まるか遅くなるか)という指標もあるのです。
それは、「イノベーション普及要件」または「イノベーション普及速度」と呼ばれています。

今回はその考え方で、「カフェインレスコーヒー」の普及を占ってみたいと思います。

尚、文中の「イノベーション普及要件(普及速度)」は、ロジャース先生の著書、『イノベーション普及学入門』(1981年)と『イノベーションの普及』(2007年)では先生のお考えも変わってきているようなのですが、旧版の方がしっくりくるところもあるので、筆者が勝手にいいとこ取りをしています。その点、ご了承ください。

ちょっとサイトの編集方針でキャッチーなタイトルになってますが、内容的には極めてマジメです(^_^;)


■「マーケで斬る」第3回「カフェイン中毒死亡者も…カフェインレスコーヒーが爆発的普及の兆候、寝る前や妊婦もOK」 → 記事はこちら http://biz-journal.jp/2016/06/post_15403.html

|

« 【知見録・連載26回】「後のアフター」でニーズの深掘りはできていますか? | Main | シリーズ:マーケティングなんてカンタンだ!・間違いがちなフレームワークを総点検【第7回】4Pは「混ぜないと危険!」 »