« February 2016 | Main | April 2016 »

5 posts from March 2016

2016.03.31

【連載第22回】「お試し」が変化している!アクロボール、ウーノ、マキアージュの展開

グロービスのサイト「知見録」の連載、「知りたい!ヒットの舞台裏」の新作が公開されました。

さて今回は・・・「お試し」にまつわる3つの商品です。


・パイロットコーポレーションの油性ボールペン「アクロボール」

・資生堂のヘアワックス「ウーノ」

・資生堂の主力メークブランド「マキアージュ」


それらの「お試し」のキャンペーン展開がちょっとユニークなのだ。
その狙いと背景は?・・・というのが今回のお題です。



■「お試し」が変化している!アクロボール、ウーノ、マキアージュの展開
 →  記事はこちらをクリック! http://globis.jp/article/4163

|

2016.03.29

新連載:マーケで斬る・第1回「百貨店、本格的崩壊期へ…高齢者以外は来ず、看板外しただのテナントビル化」

「Business Journal 」というサイトから寄稿の依頼があり、今月から月1回の連載を開始することになりました。

タイトルは「マーケで斬る」。
第1回の冒頭に「世の中の動きや新商品の狙い、ヒット商品が売れるワケなどを「マーケティング」を切り口として考えてみようという連載」と書きましたが、第1回を書いてみた感触としては「世の中の動きのマーケ的な解釈」にフォーカスしようかなと思っています。(第2回、第3回ぐらいを書いてみないとなんとも言えませんが・・・)。

現在、インサイトナウで「間違いがちなフレームワークを総点検」の連載をしていて、これは当然思いっきりフレームワークの話だし、グロービス知見録の「知りたい!ヒット商品の舞台裏」で、それこそ「新商品の狙い、ヒット商品が売れるワケ」をフレームワークで読み解いています。
ただ、Business Journal では、そんなにフレームワークを前面に出さないで書いてみようかなと(現状では)思っています。

第1回のテーマは「百貨店業界」です。
1991年のバブル崩壊以降、主要顧客をどんどん可処分所得の高い高齢者にシフトしてきて、当然顧客自身も歳を取っているのですっかり若年層どころか、中年層の足も離れてしまっている百貨店。
その、稼ぎやすいターゲットだけから稼いできたツケがいままさに効いてきた観があります。

この先、百貨店業界はどうなっていくのでしょうか?


■マーケで斬る・第1回「百貨店、本格的崩壊期へ…高齢者以外は来ず、看板外しただのテナントビル化」
 → 記事はこちらをクリック! http://biz-journal.jp/2016/03/post_14440.html

|

2016.03.23

シリーズ:マーケティングなんてカンタンだ!・間違いがちなフレームワークを総点検【第4回】マーケティングは流れで読み解く

ビジネスメディア「INSIGHT NOW」に書き下ろし原稿をアップしました。

「間違いがちなフレームワーク」を見直す本連載、今回は単独のフレームワークではなく最も根本的な「マーケティングの全体像」について。最初にここから入ればよかったという気もしますが、危なそうなフレームワークから書き始めて、「やっぱり、ここも言っておかなきゃ!」ということで筆を執りました。

今回のポイントは、「流れで読み解く」ということと、「戻る!」ということですね。
私の講義やセミナーを聞いた事がある方は、耳にタコができていると思いますが、それぐらい重要な事です!

分析事例は図表に「シーブリーズ」のリ・ポジショニングを取り上げました。
単なるポジショニング変更ではなく、マーケティングの流れ全体を整合させている良い事例だと思います。

※「INSIGHT NOW」が2ページ目以降を閲覧するには会員登録が必要になりました。
  登録は無料ですし、会員になれば金森の記事以外にもためになる記事を読み放題!
  この際、登録をしていただければと思います!!


■シリーズ:マーケティングなんてカンタンだ!・間違いがちなフレームワークを総点検【第4回】マーケティングは流れで読み解く  →記事はこちらをクリック! http://www.insightnow.jp/article/marketing_process

※役に立ったら記事の「いいね!」をお願いします。
  また、インサイトナウの金森の筆者ページで「フォローする」をしていただけると、新着記事更新のお知らせが来ます。(インサイトナウでは月に1回しか書かないので、読み逃しがなくなります!)

|

2016.03.17

【連載第21回】トリンプが掘り出した「不」の字(アンメット・ニーズ)は何だったのか?

グロービスのサイト「知見録」の連載、「知りたい!ヒットの舞台裏」の新作が公開されました。


さて今回のお題は・・・女性下着です!

・・・といっても、筆者今までに何度か女性下着関連のプロジェクトをやったことがあるので、お題として取り上げるのに何の抵抗もなかったのですが・・・。

手ごろな価格・かわいいデザインで若い女性に人気の「アモスタイル」を路面店やショッピングセンターなどで展開しているトリンプ。

ところが、百貨店売場ではワコールに対して劣勢を強いられる状況になっていたようです。

※リンクをクリックしてもセクシーなランジェリーの画像などは出てきませんので、安心して職場や電車の中でもご覧ください。


■トリンプが掘り出した「不」の字(アンメット・ニーズ)は何だったのか?
 →  記事はこちらをクリック!   http://globis.jp/article/4101

|

2016.03.01

【連載第20回】顧客を想え!課題を考え抜け!ドトールとジョージアの広告の狙いは?

グロービスのサイト「知見録」の連載、「知りたい!ヒットの舞台裏」の新作が公開されました。

月2回の連載も、今回で第20回を迎えました!


さて今回のお題は・・・


2月中旬頃、「ドトールの広告のキャッチコピーが下手すぎる!」という話題がネットで拡散されたのはご存じでしょうか?

そして、もう一方はもう少し前、初冬から日本コカ・コーラ缶コーヒーのジョージアが「自販機+2℃キャンペーン」を開始し、山田孝之出演のCMが放映されていました。

さて、双方のターゲットはどんな人でしょう?

そして、ドトールと日本コカ・コーラの戦略意図はなんだったのでしょうか?


■顧客を想え!課題を考え抜け!ドトールとジョージアの広告の狙いは?  →  記事はこちらをクリック!   http://globis.jp/article/4041

|

« February 2016 | Main | April 2016 »