« 【連載第21回】トリンプが掘り出した「不」の字(アンメット・ニーズ)は何だったのか? | Main | 新連載:マーケで斬る・第1回「百貨店、本格的崩壊期へ…高齢者以外は来ず、看板外しただのテナントビル化」 »

2016.03.23

シリーズ:マーケティングなんてカンタンだ!・間違いがちなフレームワークを総点検【第4回】マーケティングは流れで読み解く

ビジネスメディア「INSIGHT NOW」に書き下ろし原稿をアップしました。

「間違いがちなフレームワーク」を見直す本連載、今回は単独のフレームワークではなく最も根本的な「マーケティングの全体像」について。最初にここから入ればよかったという気もしますが、危なそうなフレームワークから書き始めて、「やっぱり、ここも言っておかなきゃ!」ということで筆を執りました。

今回のポイントは、「流れで読み解く」ということと、「戻る!」ということですね。
私の講義やセミナーを聞いた事がある方は、耳にタコができていると思いますが、それぐらい重要な事です!

分析事例は図表に「シーブリーズ」のリ・ポジショニングを取り上げました。
単なるポジショニング変更ではなく、マーケティングの流れ全体を整合させている良い事例だと思います。

※「INSIGHT NOW」が2ページ目以降を閲覧するには会員登録が必要になりました。
  登録は無料ですし、会員になれば金森の記事以外にもためになる記事を読み放題!
  この際、登録をしていただければと思います!!


■シリーズ:マーケティングなんてカンタンだ!・間違いがちなフレームワークを総点検【第4回】マーケティングは流れで読み解く  →記事はこちらをクリック! http://www.insightnow.jp/article/marketing_process

※役に立ったら記事の「いいね!」をお願いします。
  また、インサイトナウの金森の筆者ページで「フォローする」をしていただけると、新着記事更新のお知らせが来ます。(インサイトナウでは月に1回しか書かないので、読み逃しがなくなります!)

|

« 【連載第21回】トリンプが掘り出した「不」の字(アンメット・ニーズ)は何だったのか? | Main | 新連載:マーケで斬る・第1回「百貨店、本格的崩壊期へ…高齢者以外は来ず、看板外しただのテナントビル化」 »