« 【特別取材:続編】デアゴスティーニの超ニッチ市場戦略を4Pで考える  | Main | 【連載第20回】顧客を想え!課題を考え抜け!ドトールとジョージアの広告の狙いは? »

2016.02.24

シリーズ:マーケティングなんてカンタンだ!・間違いがちなフレームワークを総点検【第3回】5F(5つの力)分析

ビジネスメディア「INSIGHT NOW」に書き下ろし原稿をアップしました。

「間違いがちなフレームワーク」を見直す本連載も3C、SWOTに続いて3回目。今回は5Fです。
「ちょっと分析の順番が違うんじゃないの?」という突っ込みがありそうで気にしつつも、「やっぱり取り上げて置いた方がいいよなー」と思って執筆しました。

白状すると、コトラー先生一神教だった頃は、ポーター先生考案の5Fはほとんど使っていませんでしたが、「業界」というマクロな環境をザックリと把握するには良いフレームワークです。
ただ、それだけで終わらせてしまったらもったいない。使用上の注意をしっかり守れば、もっと様々な工夫と活用ができるのです。
今回は主に、そんな「使いこなし編」レベルの留意点を書いてみました。

今回も記事の構成は、フレームワークの基本構造と、使いこなしのポイントをしっかり書きました。分析事例は図表に拙著「よくわかるこれからのマーケティング」でも取り上げた「100円ショップ業界」における「セリア」と、森永乳業の「マウントレーニア」を取り上げてみました。


※「INSIGHT NOW」が2ページ目以降を閲覧するには会員登録が必要になりました。
  登録は無料ですし、会員になれば金森の記事以外にもためになる記事を読み放題!
  この際、登録をしていただければと思います!!


■シリーズ:マーケティングなんてカンタンだ!・間違いがちなフレームワークを総点検【第回】5F(5つの力)分析  →記事はこちらをクリック! http://www.insightnow.jp/article/five_force
※役に立ったら記事の「いいね!」をお願いします。
  また、インサイトナウの金森の筆者ページで「フォローする」をしていただけると、新着記事更新のお知らせが来ます。(インサイトナウでは滅多に書かないので、読み逃しがなくなります!)

|

« 【特別取材:続編】デアゴスティーニの超ニッチ市場戦略を4Pで考える  | Main | 【連載第20回】顧客を想え!課題を考え抜け!ドトールとジョージアの広告の狙いは? »