« 【連載第13回】もはや眼鏡屋なのか?メガネスーパーの新業態店の価値提供に学ぶ | Main | 飽和市場におけるこれからの差別化マーケティング »

2015.11.18

マクドナルドは復活するのか?~新興勢力と既存勢力攻勢~

ビジネスメディア「INSIGHT NOW」に書き下ろし原稿をアップしました。

マクドナルドの業績は8月の既存店売上高が19ヶ月ぶりにプラスに転じましたが、9~10月は再びマイナスに転落。苦戦が続きます。
そんな中、「シェイクシャック」「ベアバーガー」「ザ・サードバーガー」新興のハンバーガーブランドが続々攻勢をかけ、人気を集めています。
一方、既存の競合、「モスバーガー」や「フレッシュネスバーガー」もメニュー構成や価格帯をずいぶん変え、従来「高級」とみなされていたポジションから、十分マクドナルドに対抗できるレベルに変更しています。
顧客にどのような魅力を打ち出し、競合と差別化を図るかを考えるポジショニング。その大元となる考え方を「バリュープロポジション」という考え方で上記を整理した時、マクドナルドに復活の芽は果たしてあるのかを考えてみました。

■「マクドナルドは復活するのか?~新興勢力と既存勢力攻勢~」 →  記事はこちらをクリック!  http://www.insightnow.jp/article/macdonald

|

« 【連載第13回】もはや眼鏡屋なのか?メガネスーパーの新業態店の価値提供に学ぶ | Main | 飽和市場におけるこれからの差別化マーケティング »