« June 2015 | Main | August 2015 »

7 posts from July 2015

2015.07.29

日高屋の「ガッツリ飲み業界」参戦・居酒屋対抗戦略から学ぶもの

ちょっと勢いが付いて、連日記事をアップしています。
今日は、過去記事のリライトではなく、書き下ろしです。

さて、日高屋の存在が既存の居酒屋を脅かしているそうです。
日高屋は仕事帰りの「ちょい飲み」。居酒屋に行けば「ガッツリ飲み」になるので、両者は棲み分けをしていたはずですが、どうやら日高屋が「ガッツリ飲み需要」も取り込もうと、居酒屋側に越境をしてきたことが原因のようです。

さて、日高屋の狙いはどこにあるのか。また、そこから学ぶべきことは何か・・・?

■日高屋の「ガッツリ飲み業界」参戦・居酒屋対抗戦略から学ぶもの →  記事はこちらをクリック!   http://www.insightnow.jp/article/hidakaya

|

2015.07.28

B to Bアプローチ必勝法はコショウのGABANに学べ

ビジネスサイト「インサイトナウ」にコラムをリライトして掲載しました。
前回「B to Bのマーケティングは何が難しいのか?」をリライト掲載したところ、数多く閲覧頂きましたので、事例編としてこちらも過去記事をリライトしてみました。特にB to Bは世の中に出てくる事例が少ないので、その「キモ」がどこにあるのかという具体的なイメージが伝われば幸いです。

http://www.insightnow.jp/article/gaban

B to Bアプローチ必勝法はコショウのGABANに学べ記事はこちらをクリック! http://www.insightnow.jp/article/gaban

|

2015.07.24

B to Bのマーケティングは何が難しいのか?

ビジネスサイト「インサイトナウ」にコラムをリライトして掲載しました。
B to Cのビジネス担当者だとイマイチわからない、その難しさ、B to Bの担当者であっても、「やはり、ここがツボが!」といってもらえるように書いてみました。

B to Bのマーケティングは何が難しいのか?記事はこちらをクリック!   http://www.insightnow.jp/article/btob

|

2015.07.23

【連載第6回】「売れ続けるために変わり続ける」をメリットシャンプーの歴史に学ぶ

グロービス知見録の連載、「知りたい!ヒットの舞台裏」が更新されました!

花王の「メリットジャンプー」ってどんなイメージがありますか?
これは年代によって答えが違うかもしれませんが、少なくとも「なんだか最近、バリエーションが増えたような・・・」と思う人は少なくないはず。

そのワケは・・・

■「売れ続けるために変わり続ける」をメリットシャンプーの歴史に学ぶ記事はこちらをクリック! http://globis.jp/mba/4346/

|

2015.07.17

5つの力分析・PEST分析のフレームワークで見る「クリーニング業界」

「インサイトナウ!( http://www.insightnow.jp/ )」にコラムを投稿しました。

私のコラムを全部読んでいただいている、ありがたいマニアな方は気付くと思いますが、こちらはだいぶ前に書いた記事乗りライト版です。
時代背景など、現在でも影響がない部分を残して、特に現在「マーケティング基礎」クラスでPEST・5F分析をやっているところなので、分析事例として示しました。

今後も当Blogに無尽蔵に眠っている記事の中から、特にフレームワーク学習に役立ちそうな記事をリライトしてアップしていくつもりです。

速射のみなさまの学びの一助tなれば・・・


記事が気に入って頂けたら、サイト内のFacebook「いいね」などをポチって頂けると幸いです(^_^;)


■記事は こちら→ http://www.insightnow.jp/article/laundry   

|

2015.07.10

「嫌われる勇気」・・・ヴィレッジヴァンガードの場合

以前、このBlogの記事を転載していたサイト、「insight now」がリニューアルしました。

で、記念に・・・というわけではないですが、書き下ろしを投稿しました。

■ 「嫌われる勇気」・・・ヴィレッジヴァンガードの場合 → 記事はこちら http://www.insightnow.jp/article/village_vanguard

|

【連載第5回】トンボ鉛筆「モノグラフ」は誰と戦っているのか?

グロービス知見録の連載、「知りたい!ヒットの舞台裏」が更新されました!

今回は今、ヒット街道を上昇中のシャープペンがテーマ。
この商品が気になった発端は、「この用品は一体、何と勝負することになるんだろう?」ということが気になったから。

登場しているライバル商品を使用している人も多いだろう。
さて、読者はこの新商品は試して見たいと思いますか?


■トンボ鉛筆「モノグラフ」は誰と戦っているのか? → 記事はこちらをクリック!  http://globis.jp/mba/4336/

|

« June 2015 | Main | August 2015 »