« トヨタ軽自動車・価格のナゼ? | Main | 【連載リンク】金森努のロングセラー商品の戦略を聞く!・第8回:富士重工業「レガシィ」 »

2011.10.03

キングジムはなぜ、「自習室」を経営するのか?

 「パイプ式ファイル」を1954年に開発し、登録商標を取得してファイルのシェア最大手となったのは、誰しも知るキングジム。同社はビジネスパーソン向けの会員制自習室「アカデミーラウンジ」を池袋で運営し、10月3日に水道橋に2号店をオープンさせている。それはどのような背景からなのか、考察してみよう。

 「PEST分析」というフレームワークがある。PESTはマクロ環境を構成する4つの要素の頭文字だ。Political=政治的な規制事項の影響要因・Economical=経済環境の影響要因・Social=社会情勢の影響要因・Technological=技術的成熟度の影響要因という4つ。その切り口で自社や自社の属する業界に大きなインパクトを与える要因がないか。あるとしたら、それはプラスに作用するのか、マイナスに作用するのかといったことを洗い出していく。

 企業が使うファイルや文具を主たる商材としている同社にとって、何といってもEconomicalの環境悪化は大きな影響要因だ。バブル崩壊後の「失われた20年」と、続く「リーマンショック」。冗費削減のためファイルもぼろぼろになるまで使い回される。さらにPoliticalとTechnologicalとしては2004年成立の「e-文書法(民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律)」が挙げられるだろう。同法によって、<紙として保存された文書をスキャンして画像ファイルとしたものに対しても、一定の要件を満たせば正規の文書として認められるようになった>(Wikipediaより)。
 マイナス要因ばかりではない。Socialとしては、不景気は「企業内個人」という考え方の原動力ともなった。会社の歯車としてではなく、自立して生き抜いていくことを目指す動きである。裁量労働制の広がりなども後押ししているといえるだろう。スキルアップと生産性向上のために会社に頼らず、自分に投資をする人が増えた。資格取得や英語などのスキル習得、ビジネススクールなどでの学習にともなう予復習の場が求められる。「自習室」に対するニーズは高い。スターバックスなどのカフェの店舗を見れば、そのニーズを持った人がいっぱいだ。

 「どこでもデジタルデータでメモが取れる」という利便性が受け、累計10万台以上を販売したテキスト田用入力マシン、「ポメラ」。2009年の日経MJヒット商品番付にも入った。同商品はノートPCの起動の遅さ、バッテリーの持ちの悪さ、サイズの大きさなど、ビジネスパーソンの不満=未充足ニーズの解消を徹底的に追及した商品だ。ポメラを企業単位で導入したという事例は聞かない。10万台を支えている多くは、自身の生産性向上ニーズを持つビジネスパーソンだ。自習室との親和性も高い。また、ニュースリリースで<「自習室」は、近年その数が増加していますが、1席を1ヶ月単位で貸し出すスタイルが主流で、料金も1ヶ月1万5千円以上かかるケースが多いのが現状です。また、無人営業の店舗や、古い建物で営業している店舗も多く、誰もが気軽に安心して利用できるといったものではありませんでした>と未充足ニーズに応える狙いを明らかにしている。

 「アカデミーラウンジ」の利用料金は、例えば「平日夜プラン」では 平日) 18:00~23:00で月額 7,800円(税抜き)と格安だ。10月3日付日経MJの記事によれば、2014年までに10店舗に拡大し、同事業の売上目標を2億円に置いているという。連結決算で約300億弱の売上を持つ同社としては大きなものではない。だが、多店舗展開を進める意図は売上だけではない。そこに集う人々のインサイト、吸い上げる「顧客の声」は新たな製品開発に活用できるという好循環も期待できるのである。

 「何でも時代のせいにしてれば、そりゃ楽だ」。
 炭販売の老舗に生まれ、慶応義塾卒業の翌年に新宿に書店を開業。矢継ぎ早に多店舗展開し、日本の大手書店、紀伊国屋書店に育てた田辺茂一(たなべ・もいち)の言葉だ。(「心に響く名経営者の言葉」ビジネス哲学研究会・編・PHP)1980年にラジオのインタビューで「炭屋の片隅ではじめた本屋が日本一になるような時代はもう来ないでしょうね」と問われたコメントだという。
 「時代のせい」にしないためには、何が問題で、どこにチャンスがあるのかを明確にしなくてはならない。キングジムは事務機という「物売り」から自習室という「サービス業」へと業態を拡大した。そして、そこからさらにヒット商品のタネを見つけ出そうという意図が浮かぶ。その姿勢から学ぶところは大きい。

|

« トヨタ軽自動車・価格のナゼ? | Main | 【連載リンク】金森努のロングセラー商品の戦略を聞く!・第8回:富士重工業「レガシィ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キングジムはなぜ、「自習室」を経営するのか?:

« トヨタ軽自動車・価格のナゼ? | Main | 【連載リンク】金森努のロングセラー商品の戦略を聞く!・第8回:富士重工業「レガシィ」 »