« ニンテンドーDSi LLは誰を狙うのか? | Main | 永谷園「生姜部」が高めるブランド価値 »

2009.11.10

顧客視点で「王道」を歩む「スーパーカップ」

 エースコックが「スーパーカップミニ」シリーズの新商品として、「カレーうどん」を11月16日から発売するという。同シリーズとしては今年8月初旬に「スーパーカップミニ もやしみそラーメン」をリニューアル発売したが、「カレーうどん」でさらにラインナップを強化した形になる。その狙いは何だろうか。

 エースコックといえば、1988年に「スーパーカップ」を発売して大ヒットを飛ばし、大型カップ麺のパイオニアとして君臨している存在である。その歴史を振返れば、その翌年にはすぐさま「スーパーカップ1.5」シリーズを展開し増量。さらにその地位を盤石のものとした。さらに2005年にはメガフードブームを先取りして、「スーパーカップ超大盛り2.0」という禁断のサイズまで展開。その系譜は今日にも続いている。

 上記のスーパーカップ大型化の歴史を見れば、「ミニ」というサイズの整合性が疑問に思えてくるかもしれない。
 「ミニ」の源流は遠く過去に遡る。1990年に「スーパーもやしみそラーメン0.5」など、「0.5」のサイズバリエーションでいくつかの商品が展開され、それが後に「ミニ」となって脈々と今日まで続いているのである。
 存在理由と狙いは明確だ。「0.5」は「新たなシーンを提案」というコンセプトで上市された。「新たなシーン」とは、「弁当・おにぎりとの併用」である。1990年代はコンビニエンスストアの最後の成長期であるとともに、コンビニ弁当の成長期でもあった。そこでの併売を狙って「0.5」は上市され、以後、「ミニ」と呼び名を変え、幾度のリニューアルを経ても「もやしみそラーメン」を継承してきたのである。

 8月の「もやしみそラーメン」のリニューアル、今月の「カレーうどん」のラインナップ追加のどちらにも<「おにぎり」「お弁当」などの“米飯類”との相性を考慮>したと、同社ニュースリリースに明記されている。それは従前通りなのだが、なぜ、「カレーうどん」が追加されたのか。通常、「スーパーカップ」においては、うどんやそば類は、「季節限定」や企画商品のカテゴリに入っている。現在なら「冬のスーパーカップ1.5倍」という季節限定で「豚バラとん汁うどん」「鶏南蛮そば」が展開されている。しかし、その単純なサイズダウンではない。
 リリースでは<「できるだけ多くの素材を摂りたい」という消費者のニーズに応える商品として開発を行いました。ほくほくのじゃがいもを中心に5種の具材が入り、とろみのあるだしが効いたカレーうどんスープがお弁当などにもよく合う、小さくてもこだわりは大きいミニカップめんです>とある。

 昨今のサラリーマンの昼食事情は、株式会社アイエムプレスが今年8月に行った調査から見えてくる。20歳から59歳までのサラリーマン500人の回答では、昼食代は500円以内と回答した人が全体の7割、さらにその中でも350円から500円が37.2%、350円未満が33%を占めるという。
 スーパーカップ1.5倍は190円。2.0倍でも220円。これだけでも33%の350円未満派におつりが来る状態で、ガッツリ満足してもらえる。しかし、「人はスーパーカップのみに生きるにあらず」なのだ。同社がつかんだ、ランチにお金はかけられないけれど、「できるだけ多くの素材を摂りたい」という消費者のニーズは今後ますます高まるばかりだろう。

 8月リニューアルの「もやしみそラーメン」以来、パッケージには高品質印刷が施され、カップの<側面に調理写真を配しおいしさ感を高めたデザイン>にしたという。まさに、コンビニの棚から「あと105円で高まる満足度」を誘いかけるのである。しかも、追加されたのは、昨今のカレー及びカレーうどんブームを反映した商品だ。
 「おにぎり2個+スーパーカップミニ」「250円弁当+スーパーカップミニ」。
 魅力的な「ミニ」を展開することで、弁当、おにぎりと手を結び、より多くの味とボリュームの満足度、そしてちょっと汁物が欲しいというランチ350円派の欲求に応えることができる。
 圧倒的ボリュームの自社商品で一気に顧客の胃袋シェアを獲得するのではなく、他の食品と胃袋シェアを分け合ってニーズに応える。そして、満足度を高め選ばれ続けることを目指す。「スーパーカップミニ」のラインナップ強化は、「顧客視点」な展開でもあるのだ。
 

|

« ニンテンドーDSi LLは誰を狙うのか? | Main | 永谷園「生姜部」が高めるブランド価値 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 顧客視点で「王道」を歩む「スーパーカップ」:

« ニンテンドーDSi LLは誰を狙うのか? | Main | 永谷園「生姜部」が高めるブランド価値 »