« 「価値構造を変化させよ!」ヒット商品に学ぶそのヒミツ! | Main | アサヒビールはパンドラの箱を開けたのか? »

2009.03.19

「モノの本質を極め、オシャレを身にまとったル・クルーゼの鍋」:定番のヒミツ第12回

日本実業出版社の季刊誌「ザッツ営業」好評発売中です。

ザッツ営業 http://www.njh.co.jp/that/that.html

同誌に連載中のコラム「定番のヒミツ」第12回が掲載されています。

今回は「鍋」です。

鍋も、「煮炊きができれば皆同じ」と、思われがちな商品ですね。
が、しかし、そうではないのです。

定番ともなれば、鍋から学ぶものも多いのですよ・・・。


以下、記事転載。

--------------------------------

「ココット料理」は最近レストランでも鍋ごと出すスタイルが定着してきていて、そこで度々目にするのが「ル・クルーゼ」。素朴でありながら鍋の質感の高さがスパイスとなって、より一層料理が美味しそうに見える。また、厚い鍋だから、料理も冷めない。そしてこの鍋は「一度使うとそれなしでは料理ができなくなる」と一流シェフから家庭の主婦までが口を揃える。

昨今、鍋などホームセンターに行けば千円もせずに買える。しかし、この鍋の価格は3万円前後。もう一つの特徴はその重さ。3~4キログラムという超重量級だ。間違って落ちてきたらと、キッチンのシンク上の棚などには収納できない。料理の際の取り回しも力仕事と化す。なのに、この鍋は別格の扱いで売れ続けている。

鍋のもたらす本質的な価値とは何だろうか。「煮炊きして料理が作れること」だ。ただそれだけならば、ホームセンターの千円鍋でも十分役に立つ。ではその「料理を作れる」を「美味しい料理が作れる」とした場合はどうだろう。弘法筆を選ばず、ではない。プロであればしっかり道具にはこだわる。素人であれば、道具に頼るという意識も働くだろう。

たっぷりと鉄を使って鋳造された鍋は嫌が応にも重量が増す。そのぶん、ムラのない熱まわりが実現し、微妙な火加減を要する調理もおいしく仕上げられるという。重量級の鍋ぶたによって料理が吹きこぼれることもなく、ちょっとした圧力鍋のような使い方もできる。美味しい料理を作るために、「煮炊きする」という本質をより高めた結果、重量は増す。しかし、それは本質的な価値を追求するために妥協できない要素なのだ。

美味しい料理を作るための重い鍋、というと無骨な外見が連想されるが、そこにル・クルーゼがもたらすもう一つの価値が存在する。鍋なのに、ナゼか「新色」が定期的に発売されるのだ。2009年春の新色は「アンティークローズ」。「心地よい春を感じる上品なローズ色」だという。「美味しい料理を作る」ことには何ら関係ないが、商品の魅力を高める付随機能として貢献している。
「料理できそう。おしゃれでかわいい。飽きない」。ル・クルーゼはそんなキーワードで数多くの女性の心をつかんで離さない。そして、結婚記念日やホームパーティーなど、ちょっとしたハレの日の料理作りに活躍するのだ。

自らが顧客に提供する本質的な価値とは何なのか。それを見極め、高める。そして、本質とは一見関係がない要素であっても、顧客が魅力的に感じるキラリと光る要素をさらに身につける。鍋だけの話ではない。全てのビジネスに求められることだ。

|

« 「価値構造を変化させよ!」ヒット商品に学ぶそのヒミツ! | Main | アサヒビールはパンドラの箱を開けたのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「モノの本質を極め、オシャレを身にまとったル・クルーゼの鍋」:定番のヒミツ第12回:

« 「価値構造を変化させよ!」ヒット商品に学ぶそのヒミツ! | Main | アサヒビールはパンドラの箱を開けたのか? »