« 引っ越しました | Main | 「紺屋の白袴」だった?「分解せよ!」 »

2008.03.12

リコーのデジタルカメラの動きをウォッチ!

製品ラインナップはただ数多く揃えればいいというものではない。どのように製品間のポジショニング図るかという微妙なさじ加減が要求されるのだ。今回はちょっと注目したい事例をご紹介する。

注目はリコーのデジタルカメラだ。
筆者は実はちょっとカメラオタクだったりする。そしてデジタルカメラはリコー製を愛用している。リコーのコンパクトカメラはレンズがとてもいい。
フィルムカメラでリコー GR1vという機種を使っていたので、GR DIGITALという機種を買おうかと思ったのだが、せっかくデジタルにするなら、28ミリ広角単焦点レンズというのも少々不便だと思って、もう少し普通の機種にした。Caplio R3。カメラの色もローズレッド。

GR DIGITALはプロカメラマンもスナップ撮りなどで愛用している人も多いものの、やはり多少はズームがほしいという要望が高かったようで、ズーム機能の付いた機種が発売された。「単焦点でなければGRじゃない!」という声が上がらないようにしたのか、機種の名前は違うものになった。Caplio GX100。

こうなるともういけない。物欲に火が付いてあっという間に購入。前のR3と持ち物としてかぶってしまうので、もったいないと思ったのだが、実際には全くかぶらなかった。R3はどちらかというとちょっとしたお出かけに持って行くカジュアルな撮影用。GX100はここ一番でしっかり撮るぞと、気合いを入れて使う。そんなポジショニングが何となく自分の中であった。

ところが昨日、ヤマダ電機に行ったついでにデジタルカメラ売り場をのぞいたところ、リコーの3機種が並べられていて、ちょっと混乱してしまった。
GR DIGITAL II ・ GX100 ・ R8
もともとGRとGX100はズーム機能が一番の違いで、但し写真としての仕上がりのきれいさなどは、ほとんど差のない異母兄弟のような存在だ。まぁ、ユーザーがどこにこだわるかで棲み分けがなされていると言っていいだろう。
R8はそれらとは本来全く異なるカジュアルな機種だ。リコーの商品サイトでもGRとGX100は「パーソナル・プロフェッショナル」というカテゴリーで、R8は「パーソナル・スタンダード」で棲み分けている。・・・はずなのだが、実物を見るとそんな気がしない。

結論から言うと、R8の質感が妙に高いのだ。Rシリーズは数字が大きくなるほど最新機種なのだが、この8でぐっと質感が高まった。スペックも申し分ない。実際に使ってみていないのでレンズの性能などはわからないのだけれど、「スタンダード」という域は超えている。
プライシングもまた微妙。GR DIGITAL IIは63,300円。GX100が60,800円。R8が49,800円。

これは恐らく、リコーのデジタルカメラにおけるローエンドモデル伸長作戦なのだろう。

ローエンドモデルを投入すると、ユーザーの裾野が広がるという効用の一方で、既存ユーザーの離反が懸念されると、過日「BMW1シリーズの深謀遠慮」というタイトルで書いた。そんなおおげさなものではないのだが、何となくBMW1シリーズが投入されたときの3シリーズとか、5シリーズユーザーの気持ちが実感できた。

GRやGX100ははっきり言ってオタクカメラだ。そのコアなオタク・リコーファン層を同社がどうやってグリップしていくのか、これからがちょっと見物だ。

|

« 引っ越しました | Main | 「紺屋の白袴」だった?「分解せよ!」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リコーのデジタルカメラの動きをウォッチ!:

« 引っ越しました | Main | 「紺屋の白袴」だった?「分解せよ!」 »