« 顧客中心主義と温暖化防止の関係性 | Main | リコーのデジタルカメラの動きをウォッチ! »

2008.03.11

引っ越しました

誠に恐縮ながら、今日はコラムをお休みいたします。

昨夕から事務所の引っ越しをしており、本日は新しい部屋で荷物の整理中です。
・・・ちょっと、コラム書いていられる環境じゃなく、頭がまとまらないのでご容赦ください。

新住所は下記の通りです。

〒105-0021
東京都港区東新橋2-10-10東新橋ビル1009
電話・FAX03-3432-8279


「もう少し読んでもいいよ」という方、金森の独立以後の引っ越し歴を少し綴ってみたいと思いますので、おつきあいください。


独立を決めてから実行するまでは、2ヶ月ぐらいと比較的短かったので、仕事の仕込みはしたものの、事務所のあてがありませんでした。
自宅で仕事をとも思いましたが、性格的に切り替えないとだらけてしまいそうで、それは断念。事務所探しを始めました。
といっても、先立つものがありません。
その時、ちょうど発足したばかりの大学系コンサルティングファームに兼任で参画することになったので、その事務所に間借りすることになりました。場所は新橋と御成門と大門のちょうど真ん中ぐらい。
正確には、その事務所も、同じ出資者の持ち物であるベンチャー企業のオフィスに間借りしていたので、間借りの間借りでした。ベンチャーらしく、本当に若い人ばかりで活気があり、楽しい事務所でした。
金森のスペースは机一個でしたが、会議室も借りられたし、電話番もしてもらえ、さらに時々コーヒーまで出していただいていました。


非常に居心地のいい環境でしたが、そのコンサルティングファームとの提携解消に伴い、1年ほどでそこを出ることになりました。急なことだったので、またまた先立つものがありません。
その時見つけたのが、新橋駅前のニュー新橋ビルの中にあるレンタルオフィスです。
ニュー新橋ビルは、新橋駅のSL広場と烏森口に渡る大きなビルで、地下はほぼ飲み屋だらけ。4階までの商業施設にはチケット屋や釣具屋、マッサージ屋などなど、サラリーマンの天国のようなビルなのです。
築後40年近くなる古いビルですが、レンタルオフィスの会社はその一角を借り、間取りを小分けし、内装を整え、セキュリティーとLAN環境、共用会議室を整備します。そうして、だいたい本来の倍ぐらいの賃借料で転貸しするのがビジネスモデルです。
レンタルオフィスのありがたいことは、初期費用が全くかからないことでした。ランニング費は上記の通り、相場の倍ですが、ともかくまったく世話がかかりません。
ただ、如何せん高い。どれくらい高いかというと、坪単価7万円です。坪単価7万というと、もしかすると六本木ヒルズ並ではないでしょうか。
なので、借りられたのは1坪の部屋。2畳です。オフィスと言うより、エレベーターの中にいるような感じです。窓もありません。外の様子がわからない。建物を出てみると雨が降っていたなどと言うこともあります。なので、いつもインターネットのWEBカメラを探して、パソコンの中で銀座五丁目の映像を流していました。窓代わり。なかなか泣ける環境でした。


事務所にいる時間はそんなに多くないので、何とかなりましたが、2年が過ぎようというころ、いい加減いやになってきました。何となく、近くの賃貸物件を検索すると、「銀座中銀カプセルタワービル」が見つかりました。黒川紀章の遺作です。
「そんな貴重な物件に入れるなんて、すごいことだ!」とすぐ、不動産業者に問い合わせ。すると、「ああ、あそこ、出るんですよねぇ」とのこと。うわー、いやなこと聞いちゃったよ・・・と思ったら、出るのは「アスベスト」だそう。空調が集中管理されており、そこに石綿が使われていて、空気に混ざるとか。それもそれで、ものすごく怖いので断念。その時知り合った不動産業者に紹介されたのが、今回引っ越した物件です。

Nec_0455
場所は新橋駅から8分ほどの第一京浜沿い。すぐ裏は、汐留の外れにあたる「イタリア街」。前に勤めていた電通ワンダーマンのオフィスがある所。3年かけて新橋界隈をぐるりと一回りしてきたわけですね。
今度の事務所はワンルームで6畳強あります。冒頭に記したとおり、まだ部屋がゴチャゴチャで写真公開できませんが、第一京浜に面した側の窓が広く、明るくて気持ちがいいです。10階建ての10階に部屋があり、写真のように東京タワーも少し見えます。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

|

« 顧客中心主義と温暖化防止の関係性 | Main | リコーのデジタルカメラの動きをウォッチ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 引っ越しました:

« 顧客中心主義と温暖化防止の関係性 | Main | リコーのデジタルカメラの動きをウォッチ! »