« 2008年のキーワードは「共」 | Main | 「縮み」のなかで如何に生きていくべきか »

2008.01.01

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。


東京の元旦はよく晴れ、自宅からは遠く富士山がくっきり望めました。


今年の正月は寒くなると言われていた割には暖かで、昔のピンと張り詰めたような冷気を思い、地球温暖化の一端を感じた朝でした。

私たちには新春の陽光でも、太陽は昨日と変わらず地球を照らしているだけです。
しかし、人は区切りをつけることで意味を見いだそうとします。

「今日は昨日の続きでも、明日は今日の続きではない」。

百八つの除夜の鐘と共に年が切り替わる様は、新年は確かに前の年の続きだと感じさせます。
しかし、善きことは旧年に引き続き。それ以外は全く新しく改める。そんなチャレンジ精神を持ち続けたいと思います。


本年もよろしくお願いいたします。

※本日は新年のご挨拶だけで失礼します。
 記事の更新は7日よりお届けします。

|

« 2008年のキーワードは「共」 | Main | 「縮み」のなかで如何に生きていくべきか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 謹賀新年:

« 2008年のキーワードは「共」 | Main | 「縮み」のなかで如何に生きていくべきか »