« 携帯教育に必要な視点とは? | Main | 偽の国・食の未来 »

2007.12.18

パソコン修復の苦闘

本日は更新が遅くなって誠に申し訳ございません。
事情説明(言い訳)は以下にて。


「問題が解決するまでは絶対に電話を切らず、つきあってくれる」・・・そんなPCのオンラインサポートはあるのだろうか。多少高くてもすごく需要があるのにと思った。

暮れの忙しいときに限ってPCの調子が悪くなった。
だましだまし使っても、挙動がどんどん悪化する。
買い換えたばかりなのだが、先週末になぜかハングアップし、修復プログラムが動いてからは設定がガタガタになった。恐らくはそれが原因だ。
セキュリティソフトが「不正に設定が変更されている!」とヒステリックなメッセージを連発している。

腹を据え、仕事の手を止めて修復を試みるも、手に負えない。
自分のITリテラシーレベルがあっという間に露呈し、忸怩たる思いに駆られる。
同時に、ITセクションがすぐにサポートしてくれていた前職の環境がいかに贅沢だったかを思い知る。

サポートセンターに電話をすることにする。メールやチャットのサービスもあるが、こんな時はやはり微に入り細を穿つようなサポートで一気に解決して欲しいと願うからだ。
「FAQの整備でユーザーのセルフサービス解決率を高めましょう!」とか普段言っているが、実際自分が苦境に立つと何ともだらしがないと自己嫌悪する。
ともあれ、電話するが・・・繋がらない・・・。
ある程度覚悟していたことなので、しばらく待って見るも・・・繋がらない。
自らの忍耐力を称えること何度目かで電話が繋がった。

状況を話し、しばし画面を見ながらサポートを受ける。
ある程度話したところで、その先の対処方法をメールかFAXで送るので試してくださいと言われる。
・・・そんな殺生な・・・。と思うも、非常にも電話は切れる。

メールを確認しつつ、設定変更やアンインストールや再インストールなどを続ける。
指示通りに作業するも・・・直らない・・・。
何度か電話をし、メールで指示を受け、さらに作業し、ダメでまた電話をし・・・が続く。
うんざりしてくる。
一番うんざりするのは、何度もサポートが手順をメールされる段階で中断され、自己解決するもダメで、再度電話をすると繋がらず、繋がっても恐ろしく待たされるという繰り返しなことだ。

「頼む、電話を切らないでくれ」。試しに言ってみたが、「まずはご自身でお試しいただいて」と軽やかに断られてしまった。
昔のパソコン通信のトラブルみたいに、電話線一本ではなく、電話をつなげたままでもサポートが可能なはずだが、あくまで効率の問題なのだろう。

無料サポートだからこんなことなのかもしれないが、もう少し何とかならないかと愚痴っている次第だ。
・・・修復したと思ったのもつかの間、またアラート画面がポップアップしてきた。果たしてこの文章をアップすることはできるのか?!


|

« 携帯教育に必要な視点とは? | Main | 偽の国・食の未来 »

Comments

ノートPCを使って、日夜歩きまわっている人は大変ですね。
 
それだけ重要な道具であれば、複数台を保有して常時スペアを抱えておくか、
デスクトップも保有して、即座に復旧できるバックアップ体制を整えておくことが賢明
なんだとも思います。
 
そして、カスタマー・サービスの人は、相手を見抜く力もあると感じています。
 
質問の仕方によって、レベルを感じているのだと思います。
従って、下手に知ったかぶりをしたり、あらぬ指摘をすると電話をすぐに切るターゲット
にされるのではないでしょうか。
 
それに、すでに御存知のようですが、商売を成り立たせる意味ではある程度の知識を
有している人に無料で下手に教えては商売は成り立たないように感じています。
「正直ものは馬鹿を見る」という状況とならないために配慮をしているのかもしてない。
そう感じたブログ記事でした。
 
今度同様なことがあったら質問の方法を変えると違った対応になるかもしれませんよ。
世の中そう言うものです。ブラックリストに載っていないことだけを祈っています。

Posted by: たぁ坊 | 2007.12.19 05:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パソコン修復の苦闘:

« 携帯教育に必要な視点とは? | Main | 偽の国・食の未来 »