« パソコン修復の苦闘 | Main | テーマカラーのススメ »

2007.12.19

偽の国・食の未来

日本漢字能力検定協会の「今年の漢字」は一昨年の「愛」、昨年の「命」に続き、「偽」と決まった。政治も経済もスポーツも、何から何まで偽装に覆われたこの国を的確に象徴した一文字ではあるが、暗澹たる思いは否めない。
その中でも人々の生活に最も身近な存在である「食」の偽装について、原因の一端と今後のあるべき姿を考えてみたい。


食品加工業者から有名料亭までが手を染めた、数々の食の偽装の中でも目立つのが「産地偽装」だ。しかし、その根底にあるのは生活者の「ブランド食材信仰」ではないだろうか。有名産地を尊ぶ嗜好が巧みに利用されているのである。比内地鶏などは、明らかに供給を上回る需要が偽装を誘発したとも言われている。
さらに偽装で明らかになったことは、内部告発で発覚するまで生活者はまんまと気づかず、ほとんど疑いも持っていなかったことだ。本物のブランド食材も偽装ブランドも味の区別が生活者にはできていなかったことが露呈したわけだ。そこに偽装のつけ込む余地があったことも明白になった。

とはいえ、偽装を行った企業を是認するわけでも、見抜けなかった生活者を責めるわけでもない。そもそも、食材にそれほどの差があるのかということだ。
確かに、手塩にかけて栽培、飼育、養殖された食材には見事に旨いものもある。それとても、鮮度や調理によって変わってしまう部分は大きい。
天然物の海産物などは、出荷以降の鮮度管理や流通などへの気遣いの違いはあるかもしれないが、そもそもが同じ海から捕れたものだ。例えば有名な富山湾の「氷見の鰤」は隣の新湊漁港で水揚げするとその名を冠することはできなくなる。故に、こぞって漁船は氷見に鰤を卸す。魚に差はないのだが。

有名産地の食材でなくとも旨いものは旨いという、本質的な価値観に生活者も戻らねばならないのではないだろうか。ブランドネームに踊らされ、高い対価を払い、あげくに偽装に騙される。何ともやりきれない。ブランドなどなくともよいという、むしろ自由な感覚を取り戻したい。
「Less is more」はドイツ生まれの建築家、ミース・ファン・デル・ローエ(Mies van der Rohe、1886~1969)の言葉だ。「無いことは豊かなこと」と、ミースは虚飾のない建築様式を提唱した。自らの舌で感じられる味こそが本物でブランドは虚飾であると喝破するぐらいの気概を持ちたいものだ。


しかしながら、認識を改めるべくは生活者だけではなく、まずは企業からであることは明白だ。食品や料理を提供する企業の使命とは何だろうか。人間は生物であるが故に、栄養を摂取しなくてはならない。必要な栄養素の供給が使命であることは確かだ。
しかし、食うに困る世の中ではもはやない。飽食の世と言わないまでも、もはや貧困と飢餓の世の中を脱しているのは確かなことである故に、求められるのは「安全・安心な食生活」である。
食材や料理を提供する企業は、その産地云々や調理方法云々以前に、生活者が口にするものの安全を保証するのは最低限必要なことなのである。

ブランド論で有名なデビット・A・アーカーが以下のように述べている。
「コア・アイデンティティは、ブランドの永遠の本質を表す。それは、タマネギの何層もの皮や、チョウセンアザミの葉をむいて後に残っている中心部分である。」
「コア・アイデンティティ」とは企業で考えれば、その存在理由ともなる「本質的価値」である。各企業とも、この社会において存在している以上、何んらかの使命と本質的な価値を有しているはずだ。そして、食に関わる企業はその本質に、生活者に安全と安心を提供することが含まれているべきであることは間違いない。
しかし、各企業ともブランドという看板を背負っているにも関わらず、アーカーが言うタマネギの中心に、安全と安心が存在していることを忘れてしまっている。
恐らく、年明けには企業トップが年頭の訓示を述べるのだろう。その中で、是非とも自社の本質は何なのかを今一度、語って欲しいと思う。


冒頭に紹介した通り、日本漢字能力検定協会の「今年の漢字」は第一位が「偽」であり、揮毫した高僧が「悲憤に耐えない」とコメントしていた姿が印象的だった。
しかし、第二位以降を見るとさらにその思いが高まる。
「食」「擬」「嘘」「謝」・・・。
ギリシャ神話のパンドラの箱。女が好奇心に負け禁じられた箱を開けてしまうと、中から様々な災厄が飛び出したという。まさに今日の偽装大国たる日本の姿のようである。
神話には続きがある。パンドラが慌てて箱を閉じると、最後には「希望」だけが残ったという。
神話には様々な解釈があり、最後に残った希望故に、人類は儚い望みを持ちより苦しむこととなったという説もある。しかし、今日の状況を考えると、希望は希望としてポジティブにとらえたい。そして、その希望が世の中を照らすように、企業は本来の使命に目覚め、生活者も賢い知恵を発揮するようになりたい。
来年の漢字が是非とも明るい文字になるように。

|

« パソコン修復の苦闘 | Main | テーマカラーのススメ »

Comments

「Less is more」はドイツ生まれの建築家、ミース・ファン・デル・ローエの言葉だそう
ですね。実は、それよりも随分古い時代の哲学者であるソクラテスの残した有名な
言葉に「無知の知」があります。この影響を受けたのでしょうか。
 
いずれにしても、大切なことです。「初心貫徹」なんかも似た雰囲気がありますね。
 
ブログ標題の「偽」の件ですが、これは今年に入って単に露呈しただけであって、
随分前から続いていた事実を内部者を含め外部者であっても気付いていたことも
多かったように感じています。日本人の国民性として、ブームに乗って、一気に
チクリ、そして露呈という部分の方が問題を残した事象であったと感じています。
 
今回は、悪い意味でブームになってしまいました。本当に悪い者、そして悪い物を
排除できたということだけを祈っています。隠れたテロでない事を願っています。

Posted by: たぁ坊 | 2007.12.19 05:13 PM

ご指摘の通り、熱しやすく忘却しやすいのが日本国民のように思います。
各々が正しい選別眼を持ちつつ、企業も緊張感を持つ。
そんな関係があるべき姿ですね。

Posted by: 金森 | 2007.12.19 06:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 偽の国・食の未来:

« パソコン修復の苦闘 | Main | テーマカラーのススメ »