« 花王『メリット』 売れ続けるとは、変わり続けることでもある:定番のヒミツ第7回 | Main | 2008年のキーワードは「共」 »

2007.12.27

2007年は「鉄」にとって変革の年だったのか?

何を隠そう、筆者は少しばかり「鉄」である。「鉄」つまり、「鉄道ファン」だ。
その鉄にとって2007年はちょっと特別な年であったように思う。
今年を振り返りつつ、最後にイノベーション論で読み解いてみたい。

「鉄」は昨今注目される”Cool Japan”、つまり日本独自のサブカルチャー的「オタク文化」とは少し様相が異なる気がする。日本独自という意味では、ほとんど独自性はなく、世界的にも「レール・ファン(Rail Fan)」という人々があちこちに存在する。歴史的にも新しいものではなく、その始まりは昭和初期とか、SL時代とか諸説ある。

「鉄」は同じ鉄道というものを対象としつつも、その関心領域によって多彩なバリエーションがあることも特徴だろう。
鉄道に乗車しまくることを喜びとし、青春18切符を使い倒したり、片道切符で最長距離に挑んだりする「乗り鉄」。鉄道の写真を撮りまくる「撮り鉄」、走行音や発車音を録音する「録り鉄」。時刻表を多々時も離さない「時刻表鉄」。列車の車両研究の「車両鉄」などなど・・・。挙げればきりがないほどだ。
ちなみに筆者は「車両鉄」と「乗り鉄」の変形版、「新幹線鉄」とでもいおうか。開業間もない東海道新幹線が見える公園で幼少期に遊んでいた影響かもしれないが、新幹線専門だ。


ともあれ、そんな鉄にとっても2007年は特別な年ではなかっただろうか。
何といっても、10月14日の鉄道の日に「鉄道博物館」が開館したことは大きな出来事だ。
その前身の秋葉原にあった交通博物館も子供時代、何度も胸をわくわくさせて通ったものだが、今度は規模も、投入されているテクノロジーも桁違い。また、交通博物館時代は他の交通機関の展示と混在であったが、今度は何といっても鉄道オンリー。正に鉄道ファンの「聖地」と呼んでもいい。聖地を手にした集団はやはり勢いづくものだ。


2007年が特別なのは鉄道博物館開館だけではない。ファン層が拡大した年でもあろう。
前述の鉄道博物館オープニングセレモニーでテープカットをつとめたのは女優の吉永小百合さん。JR東日本「大人の休日倶楽部」のイメージキャラクターでもあるが、セレモニーの挨拶で鉄道への思いを語り、吉永小百合=鉄道ファン説がささやかれている。
鉄道ファンの女性は「鉄子」とも呼ばれるが、女性にファン層が広がれば、ファンのほとんどが男性という男臭いイメージが払拭できようというものだ。

さらに年齢層も拡大している。2007年は団塊世代の大量定年元年だが、リタイヤ後の趣味として「乗り鉄」や「撮り鉄」になった人も多いようだ。定年後の消費で「国内旅行」や「デジタル一眼カメラ購入」が実は「鉄がらみ消費」であるという説だ。また、その世代は「永遠の吉永小百合ファン」である「サユリスト」も多いため、吉永小百合=鉄子説が彼らの背中を押したのかもしれない。

一方、さらなる一般化もしている。昨年連載が終了した菊池直恵のノンフィクション漫画「鉄子の旅」がアニメ化。2007年6月24日~9月23日に、CSのファミリー劇場で放送された。「鉄子」はかなり一般的な言葉として普及し、2007年の新語・流行語大賞の候補ともなったのだ。この言葉や作品で鉄道の旅に興味を持った人も多い。「乗り鉄」予備軍が増大したわけだ。


こうした断層の拡大をE.M.ロジャースのイノベーション論で考えてみるとさらに興味深い。
「鉄」の歴史は古いが、それがファン層だけにとどまらず、一般に伝播していくことを考えれば理論的な裏付けになるだろう。

ロジャースはイノベーションの普及を、山型を描くいわゆる「S字曲線」で表し、イノベーションを受け入れる層を5段階に分類した。
いち早く飛びつく「革新的採用者(イノベーター)」。吟味して取り入れる「初期少数採用者(アーリーアダプター)」。それに続く「前期多数採用者(アーリーマジョリティー)」。慎重に見極め採用する「後期大量採用者(レイトマジョリティー)」。イノベーションが伝統に変わるまで採用しない保守的な「遅延採用者(ラガード)」。

さて、「鉄」はどこに入るかというと、当然、「革新的採用者」だ。「革新的採用者」の特徴は、特に進められなくても、自分の価値観に合致すれば飛びつくこと。何か新しい商品がでると、特にプロモーションがなくともニュースリリースなどで情報収集し、購入予約をするような行動を取る。いわゆる何かのファン層はそんな行動を取る典型ではないか。
しかし、実はこの「革新的採用者(イノベーター)」だけでは後に続く影響力を発揮できないのだ。間違ったマーケティングのノウハウ本などには「イノベーターを狙え!」などと書いてあるが、ロジャースのフィールドワークによれば、後に影響力を発揮するのは「前期多数採用者(アーリーマジョリティー)」である。
「ごく一般的な人々」は「前期多数採用者(アーリーマジョリティー)」以降に存在する。その人々はアーリーマジョリティーの採用行動を見て、安心して自分たちも同じような行動をするのだ。一般の人には、イノベーターは少々自分たちとは違った存在に見えるのだ。

イノベーターは別にイノベーター以外に何かを普及させようとは思わない。しかし、2007年の「鉄の世界」には、団塊の世代や女性などアーリーマジョリティーともいうべき、新たな層が入ってきた。さらに、鉄道博物館のような、一般の人々がこの世界により興味を持つ装置が完成した。「今まで興味はあったけど、ちょっと踏み込めなかった」とする層もアーリーマジョリティーに加わるだろう。

鉄はサブカルチャー的に、「カッコイイ日本」を海外に宣伝してくれるような貢献はしないだろうが、来年以降、もっと国民の一般的な興味の対象となっていくように思う。
なぜなら、日本ほど鉄道が発達した国は少ないのだから、それに興味を持つのはごく普通のことだろうからだ。一般化すると鉄は嫌がるんじゃないかという心配もあろう。だが、筆者は鉄はそんなに狭小な度量ではないと思っている。

|

« 花王『メリット』 売れ続けるとは、変わり続けることでもある:定番のヒミツ第7回 | Main | 2008年のキーワードは「共」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2007年は「鉄」にとって変革の年だったのか?:

« 花王『メリット』 売れ続けるとは、変わり続けることでもある:定番のヒミツ第7回 | Main | 2008年のキーワードは「共」 »