« ASIMO(アシモ)と失われていく所作 | Main | 携帯教育に必要な視点とは? »

2007.12.14

ライフハック的「朝1時間のゆとり」のススメ

「ライフハック」という言葉がしばらく前から話題だ。
はてなダイアリーによれば「効率良く仕事をこなし、高い生産性を上げ、人生のクオリティを高めるための工夫」とあり、デビッド・アレン著の「仕事を成し遂げる技術―ストレスなく生産性を発揮する方法」が紹介されている。
では、忙しい朝、1時間目的地に早く着いたら、あなたは何をして過ごすだろうか。
時間の使い方についての、筆者なりのライフハック的話題をお届けしたい。


筆者は企業研修講師の仕事が現在、業務の三分の一を占めている。
研修にはクライアント企業の社員が業務時間を割いて、各地から出席してくる。
そんな中、講師が「遅刻しました」では洒落にもならない。いや、寝坊するなどというとぼけた理由ではなく、危ないのは交通機関事故だ。
企業の研修所は出席者を日常業務から隔離するためか、郊外にある場合も多い。移動距離が長くなるとその分危険性も増す。また、経験的に、特に人身事故は朝8時台に起きると思っている。すると、8時前には研修所のある駅には着いていなければならなくなる。
故に、通常ではあまり考えられない、「朝に1時間の余裕」ができるというわけだ。

元々朝型、というよりも夜よりも朝に無理が利くタイプだったのかもしれない。
前職で管理職を拝命した三十代前半の頃、プレイングマネージャーであったことから、自分の仕事の時間確保が難しく、始発通勤をしていたこともあった。
しかし、日常業務のために朝、時間を作るのと、業務と切り離された時間ができるのでは意味合いが違うようだ。
1時間では通常の業務を行おうと思っても、なかなかペースが上がらないうちに時間切れとなってしまう。その制約条件の中でいかに価値ある時間の過ごし方ができるかを、研修の仕事が増えてから真剣に考えた。日々、1時間を漫然と過ごしてしまうにはあまりにもったいないからだ。

新聞を読む。ものを読むのは早いほうなので、1時間あれば、普段は読み飛ばしてしまうような記事まで読み込むことができる。ほとんど耽読というレベルだ。思わぬ発見がある。いや、正確には、「何かを発見するまで読み込む」のである。

本を読む。恥ずかしながら、あまり読書の時間が普段とれない。月に何冊も読破する知人のマーケターにはいつも頭が下がる思いなのだが、とはいえきちんとインプットしなければ枯れてしまう。「1時間集中読書」は時間を決めずに読んでいるよりずっと集中でき、後で思い出してみても不思議とよく内容が頭に残っている。

人の流れを眺める。外の風景が見える喫茶店などに席が取れれば、タウンウォッチの格好のチャンスだ。1時間たっぷり人々の姿を眺める。これもぼんやりと眺めるのではなく、必ず何んらかの「意味合い」を見つけてメモを記す。抜群な思考トレーニングにもなり、それがBlogのネタにもなる。

そして、Blogの記事を書く。雑誌やメルマガなどの依頼原稿はきちんと事務所で机に向かって書くようにしているが、Blogの記事はこうした朝の時間や新幹線での移動時間などで書くようにしている。じっくり書くのも良いのだが、限られた時間で集中して書くことによって、自分としては内容が冗長になっていないように思っている。もちろん、クライアント業務に支障を来さないためにも限定時間で書くことは必須なのだ。


「早起きは三文の得」とはよく言ったもので、斯様に朝の1時間は実に内容の濃い充実した時間となる。
確かに1時間早く起きるのは、慣れるまで結構つらい。だが、早く起きることを前提にすれば、よほど忙しい時期でなければ自然と夜が早くなる。効率的に仕事を片付けようと思うようになる。無論、飲み過ぎへの注意も。

師走の書き入れ時、忘年会シーズンに提案するのは少々時期が悪いかもしれないが、是非とも「朝1時間のゆとり」をお勧めしたい。

|

« ASIMO(アシモ)と失われていく所作 | Main | 携帯教育に必要な視点とは? »

Comments

少し前の話ですが、エリート社員たるもの日の出前に早起きをすることで、最新の
「世界情勢」をニュースやネットで入手し、且つ、始発通勤、できれば始発駅通勤の
奨めをする本が売っていました。たしか船井総研の本だったかと思います。
 
そして、それらに影響を受けて実際に、実践していた出世を夢見た社員からの話を
耳にしたことがあります。その後、正に「夢破れて山河あり」、紆余曲折がいろいろと
各人を襲いかかった訳ですが、そもそも人類も動物です。夜間にランプやローソクが
なければ見えません。そうなると寝るしかありません。
 
本来は、日の出に起きて、日の入りで寝るように身体ができているのかもしれません。
そうなると、早朝に起きることで頭が良く働くし、且つ、優越感にも浸れる。
そういったオプション付きでもあり、長生きの秘訣にも繋がりそうです。

Posted by: たぁ坊 | 2007.12.14 12:21 PM

こんにちは、LAビジネスウォッチャーズのKOOです。
最近、雑誌や本を読んでいても朝時間が注目されているのを感じます。
1日の余裕は朝にあり、人生の余裕は1日の使い方にある・・のかもしれません。
年末なので、新年の目標は「早起き」にしたいと思っています。

Posted by: LAビジネスウォッチャーズ | 2007.12.15 04:46 AM

コメント以外にもこの記事を見た方からいろいろとお話を伺いました。
実際にはずいぶんと「早起き派」の方は多いようです。
十年ほど前は、いかに遅くまで仕事をしているかを自慢するような風潮もありましたが、時代はナチュラルにいい方向に向かってきているようですね。

Posted by: 金森 | 2007.12.16 03:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ライフハック的「朝1時間のゆとり」のススメ:

« ASIMO(アシモ)と失われていく所作 | Main | 携帯教育に必要な視点とは? »