« メタボ狂想曲を考える | Main | マーケティング視点の組織改革とその実際・その2 »

2007.11.07

マーケティング視点の組織改革とその実際・その1

筆者のコンサルティングにおける専門領域は、主にマーケティングとナレッジマネジメントである。というと、人からは「何を畑違いのこと二つに首を突っ込んでいるのか」と言われることがある。しかし、実は両者は密接に関係しているのだ。その展開の基礎を2回に渡ってご紹介しよう。


■組織改革における環境分析の必要性

ナレッジマネジメントの目的は、企業内の「知」を活かし、組織変革を促すことにある。しかし、現状に何らかの問題や不足を感じて「組織を変えよう!」といっても、何をどのように変えるのかわからず、闇雲に動いても成果は出ない。処方箋が必要だ。そのためにはまず、診断が必要となる。
社内のナレッジがどこに、どのような形で存在し、どのように活用されているのかという「ナレッジマップ」の構築。また、個々の構成員がどのようなナレッジを保有しているのかという「ナレッジセンサス」などが必要となるが、そうした専門的な手法の前に一般的な環境分析を行うだけでも改革の方向性は随分と明確になる。
如何なる方向に変革すべきなのか。それには、自社の相対的なポジションや、強み・弱みの明確が求められる。「相対的なポジション」「強み・弱み」とくれば、マーケティングでもお馴染みのフレームワークの出番だ。


■3C、SWOTで自社を分析してみる

3C、SWOTは環境分析のイロハのイだ。しかし、フレームワークはその要素をフレームに当てはめ、安心してしまったり、事実(ファクト)の整理に終始してしまったりしては意味がない。今、やろうとしているのは、如何に組織を改革するか。そして、その原動力として組織内の知(ナレッジ)をどう活用するのかということだ。明確な目標を意識すれば、分析の切り口もはっきする。

・3C分析
ここで求められる3C分析の手順は以下の通りだ。ファクトを洗い出すだけでなく、明確な「意味合い」を出していきたい。
1.Customer:市場環境と顧客ニーズを明らかにする。
2.Competitor:競合が如何に市場環境と顧客ニーズに応えているのかという動きを明らかにする。
3.Company:自社が市場環境と顧客ニーズにいかに応えているのか。応えられていない点(ニーズギャップ)はないか。競合が応えられていない点で自社が勝っている点は何か。その逆は何か。

・SWOT分析
外部環境のプラス要因を機会(Opportunity)、マイナス要因を脅威(Threat)。内部環境のプラス要因を強み(Strength)、マイナス要因を弱み(Weakness)として抽出する。
しかし、有名な割には実際の分析に手こずる代表格がこのSWOTだ。客観的なファクトの洗い出しや、それをプラス面、マイナス面に適切に分類することが実は難しい。しかし、ここでは前項の3Cで導出された結果を勘案し、特に市場環境及び競合環境の中で市場及び顧客のニーズに応えられているか否か。内部的なニーズ適応の武器としてのナレッジの過不足という観点に注目するといいだろう。

今回ご紹介したように、マーケティングで使用される基本的なフレームワークを使用しただけでも自社を巡る環境が明らかになることが理解できただろう。ポイントは目の前の問題や課題に拘泥し、近視眼になることなくフレームワークを活用して客観的かつ、俯瞰的に分析すること。また、分析の視点を今回であれば、「ナレッジの活用」というように明確にすることである。

|

« メタボ狂想曲を考える | Main | マーケティング視点の組織改革とその実際・その2 »

Comments

戦略用語では違う分野でも、俗世間で、こんな言葉を思い出します。
 
 「長いものに巻かれろ。」
 「好きこそものの上手なれ。」
 
 前者が、「マーケティング」、後者が「ナレッジマネジメント」。
そう考えれば、実は当たり前で簡単で誰でも馴染みもある訳です。
もちろん、戦略的な知識、ツールを持っている人は、それを的確に
図解化できる能力を持っていると言えます。解析が瞬時にできる、
メリットがあるので、感覚的でなく、第三者的に冷静に判断が可能
となる部分で長所がありますが、繁忙期は、直観と経験を有した
カリスマ性を持った独裁者的な中小企業経営者によくいるタイプには
大企業の経営者は敵いません。それで、一時的な逆転現象がある
のだと感じていますが、資本力に優れた大企業が最後は勝つことも
多いようです。これって、「うさぎとかめ」の話に似ています。何だか
面白いですね。昔話や故事成句と戦略用語を対峙して考えると。

Posted by: たぁ坊 | 2007.11.07 09:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マーケティング視点の組織改革とその実際・その1:

« メタボ狂想曲を考える | Main | マーケティング視点の組織改革とその実際・その2 »