« 緑茶飲料・秋の陣を占う | Main | 街歩き・有楽町変貌の片鱗 »

2007.10.19

携帯でどこまでやれるか?

■「携帯コラム」に挑戦

実は、ここしばらく入院していた。
昨夏の怪我の後手術なので、事前に予定が判っていたため仕事に支障はない。
が、問題はこのブログの更新だ。
そこで今日は、ブログの裏話として、ここ数日の更新の顛末をお伝えしたい。


実は少し前にも更新のピンチがあった。夏休みの旅行の時だ。
行き先はネットがつながらない所だったので、出発前に記事を書き貯めしておき、タイマーで毎朝1本づつ公開した。
しかし、今回は事前に書くネタが思いつかなかった。なので、入院中に勝負をかけた。

問題は、病院が「パソコン持ち込み禁止」なこと。
携帯は通話は特定エリアのみ可。通話以外は制限が書いていない。
・・・携帯で書くことに決める。

携帯で比較的長いビジネスメールも日常的に書いているので、書くこと自体に抵抗はないが、
コラムとして毎日書き続けるのは、ちと、骨が折れそうな予感はした。


■書く以前にネタがない!

さて、入院。
早速、翌日分のコラムを書こうとするが、ネタがない。「書く」以前の問題だ。

普段ならネタがない時は、街を歩く、本屋に行く、ネットを見まくる・・・といった行動の中で、何かにインスパイアされて書ける状態になる。
が、病院では無理。
病院の中を歩き回るわけにもいかないし、面白くもない。
本は売店に売っている新聞・雑誌だけが頼りだ。

普段あまり読まない読売新聞と雑誌数冊を買い込む。
次はネット。
が、携帯で見られるサイトには限界があるため、あまり役に立たない。


■さて、執筆

あれこれ見て、考えて、いくつかのアイディアが浮かぶ。
病室のベッドの上で携帯を取り出す。
整形外科病棟には病室に携帯の影響を受ける医療機器がないので助かる。

今回は徹底的に携帯でやろうと決めているので、メモも携帯に入力する。
メール機能の新規メールを立ち上げ、本文に思い浮かんだテキストを打ち込んでいく。
いくつかの方向性を思いついていたので、新規メールを複数作って、平行作業する。
その中から一番まとまりそうなものに集中することにする。


■携帯で書く留意点

文章を書く段階で注意したのは、携帯でも普段と同じ文章にする事だ。
携帯で書いた文章といえば、若年層に人気の「携帯小説」が連想される。
「会話文だけで構成されていて、全体の文脈が見えない」
「語彙が乏しい」・・・などの批判が携帯小説には集まっている。
まぁ、携帯だからというよりも、書き手の問題だろうと思うが、一応留意する事にした。


むしろ携帯の問題は、その入力の時点にあった。
「先行入力候補表示」がクセモノだ。
入力した語句に続く言葉を、携帯が勝手に候補を表示してくる。
うかうかとオススメに乗っていたら、本来の自分の文章にはならない。
しっかり頭の中で文章化して、次に入力しようと思っていた言葉とぴったり同じものが候補にすぐ見つかれば採用。
でなければ、すべて無視する。
携帯小説の「語彙の乏しさ」はこれも一因だろう。

しかし、一番難しかったのが、改行の調整だった。
携帯小説は携帯の液晶画面で読むことを想定しているため、一文が短い。
故に、書籍化された際にスカスカになる。

今回はパソコンのブラウザでの閲読を想定しているため、改行もその環境で最適化される配慮が必要だ。
が、やはり入力しているのは携帯から。
かなり頭の中での計算と、想像が必要だ。

とまぁ、そんなこんなで数日、携帯で作ったコラムをお目にかけたが、何日から何日の分か判っただろうか?


・・・今週月曜日の「赤福」の記事から、今日のこの記事までだ。
以前からお読み頂いている方なら、いつもと違うネタ元に気付かれたかもしれない。
それ以外に、先週までと文体の変化などに気付かれたらご指摘頂ければ幸いだ。

ということで、実験的携帯コラムは今週で終了。
来週からは通常通りの執筆スタイルで記し、お届けします。


|

« 緑茶飲料・秋の陣を占う | Main | 街歩き・有楽町変貌の片鱗 »

Comments

毎度!
そうでしたか。そんな事とは知らず大変失礼しました。
それで、報道ネタ等の比較的身近な話題になっていたんですね。
それは、それで良いんですが、金森さんの独自性が・・・って問題がありますね。ポジショニングはきっとニッチ産業の方でしょうから。

Posted by: たぁ坊 | 2007.10.19 10:17 AM

毎度ありがとうございます!

・・・そうなんです。携帯だったんですよ。
ちょっと時間かかりますが、かえって何度も読み返して推敲するので、
中身としてはPCで書いた時とあまり変わらないように本人は思っているのですが・・・。

ネタとしては、ご指摘の通り得意のタウンウォッチものなどはやりにくかったですね。
ただ、10月17日の記事「赤い羽根」の時は、読売と文春の記事から、頭にストックしておいた過去の体験を結びつけて書いてみました。

まぁ、マクロからミクロまでをネタとしてズバズバ書けるのを目標にしていますが、なかなか難しいですね。

Posted by: 金森 | 2007.10.19 10:43 AM

理想は高く持ちたいですが、毎日良いネタを維持するのは難しいものです。以前、何処かのブログに御邪魔したとき、こんなコメントがありました。ある人のブログの記事やニュースに関しての自分のコメントを改めて脚色することで労力を少なくしていると。その方が、内容が濃くなるし、自ずと自分の興味のある内容になっていて、継ぎ足しも簡単だと。確かにそう思っています。コメントは原文のすべてに関してのものでもありませんので、まったく新しい記事になることも多いからです。ただ、マクロやミクロという経済学に傾注すると難しい側面もありますね。但し、著作権もあるので人のコピーをして自分のものとしている場合は問題がありそうですが。

Posted by: たぁ坊 | 2007.10.19 09:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 携帯でどこまでやれるか?:

» 二子玉川のネイルサロン [ネイルサロン]
女性のお洒落として欠かせない存在となっているネイルアート。今回は二子玉川のネイルサロンについて触れてみる事にする。 [Read More]

Tracked on 2007.11.05 04:56 PM

« 緑茶飲料・秋の陣を占う | Main | 街歩き・有楽町変貌の片鱗 »