« なんだか一言足りないなぁ | Main | iフォンに学ぶ:「技術」は誰がためにある »

2007.08.28

アマゾン森林破壊:ニーズを無視した便乗で森を焼くな

何度も当Blogに記してきたマーケティングの基本。
ニーズとウォンツの関係。
「ニーズとは、状態に対する欲求。ウォンツとはニーズを満たす手段やモノに対する欲求」。

もう少し詳しく記す。
「理想とする充足状態と現状の不足状態のギャップがニーズ。そのニーズのギャップを満たす具体的な方法がウォンツ」である。

有名な言い回しがある。
「顧客はドリルが欲しいのではない。穴を空けたいのだ」。
つまり「ドリルをください」と言っている顧客は、何らかの理由で穴を空ける必要に迫られている。
しかし、その道具が手元にない。
よって、穴を空ける実現手段としての「ドリル」を欲していると説明できる。

では、「バイオ燃料をください」という言葉は・・・当然「ウォンツ」だ。
とすれば、どんなニーズ、つまり「理想とする充足状態と現状の不足状態のギャップ」があるのか。

至極当然のことで、「理想とする充足状態」は、地球温暖化に歯止めがかかること。
「現状の不足状態のギャップ」は、従来の化石燃料では環境負荷が高いということ。
そして「ニーズのギャップを満たす具体的な方法」として、環境負荷が低いといわれるバイオ燃料への転換が求められているということになる。

しかし、全くそのニーズとウォンツの関係が根本から覆った光景が新聞紙面に掲載されていた。
8月25日(土)日経新聞夕刊・一面の特集「環境SOS」。「アマゾン森林破壊」「”バイオ燃料”農地の皮肉」とある。
大豆がバイオ燃料向けとして需要が増え、密林を切り開いた土地でも育てられているとある。
別の場所であろうが、同じバイオ燃料の原料であるサトウキビの栽培のため森が伐採され、このままでは生活の場を失うと訴えるアマゾン先住民族の老人が以前メディアに取り上げられていた。

アマゾンではここ5年で東京都の10倍に相当する熱帯雨林が失われたという。
アマゾンの熱帯雨林は地球上の酸素のおよそ20~30%作っている。
その熱帯雨林を伐採するということは、地球環境へ深刻なダメージを与えることは誰にでもわかる。
「バイオ燃料」が求められるのは、「理想とする充足状態」として、地球温暖化に歯止めをかけるため。
その根本的なニーズを無視して、「ウォンツの対象物」だけを供給するのは完全な「便乗」であり、許されることではない。

バイオ燃料は既存のエンジンを改造することなくそのまま使う事が最大の利点だ。
本来、「ニーズギャップ」を埋めることができる「ウォンツの対象物」として、「すぐにでも始められる環境対策の優等生」であるはずが、一部の人間の悪意で本来の価値がスポイルされてしまった。

温暖化対策はもはや一刻を争う故、普及のしやすさが求められるのは事実。
しかし、人は易きに流れるもの。
その生成が容易で分かるとなると、本来の意味を無視して私欲に走る輩が現れる。

代替品としては即効性が求められるのかもしれないが、その生産の過程、由来を厳重に監視して、ニーズを無視した便乗は戒めなければならない。
また、普及のしやすさという面にのみ捕らわれず、便乗の温床を許さないためにも、一層のイノベーションが促進されることを切に望む。
既に実用されているハイブリッドの一層の普及や、もうすぐ実用化されるであろう燃料電池などへの期待が、無惨な熱帯雨林の姿を見ると大きく高まる。

|

« なんだか一言足りないなぁ | Main | iフォンに学ぶ:「技術」は誰がためにある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アマゾン森林破壊:ニーズを無視した便乗で森を焼くな:

» キリバス、悲しき決断 [Rabis Tok]
「我が国は海に沈む」キリバス大統領が全10万人移住計画  【タラワ(キリバス)= [Read More]

Tracked on 2007.09.03 05:56 PM

« なんだか一言足りないなぁ | Main | iフォンに学ぶ:「技術」は誰がためにある »