« 傘に関する素朴な疑問 | Main | 沈黙は「禁」では済まない! »

2007.07.09

”社会的手抜き”禁止!選挙に行こう!!

最近、当Blogの記事が少々政治色を帯びているとの指摘をされた。
また、フリーで仕事をしていく上ではあまり政治的ポリシーを表面に出さない方がいいというアドバイスをくれた人もいる。
だがしかし、昨今の世情を見るにつけ、基本的にはノンポリの金森でも声を上げたくなるのだ。

「いつまでも続く不幸と云うものはない。じっと我慢するか勇気を出して追い払うかのいずれかである。」
ロマン・ロランの言葉である。
しかし、我慢も限界なのは世の多くの人も一緒であろう。また、我慢をしていればこの世の中が良くなるとも思えない。
ただ、我慢しているのはラタネの言う「社会的手抜き(social loafing)」とも同じである。

「社会的手抜き(social loafing)」とは、「集団の人数が増えれば増えるほど一人一人は本気を出さなくなっていく」という現象である。
わかりやすくいえば、例えば学校で体育マットを何人かで運んでいる時、一人二人、力をこっそり抜いている人間がいるという状態。
または、運動会の綱引きの時、全員が渾身の力を振り絞っているかというと、実はさほど本気を出さない人間も混じっているということ。
はい、心当たりのある人、アブナイです。

で、何を危惧しているのかといえば、29日の投票率である。
どうもきな臭く、アブナイ感じの報道を見た。
「だから自公悪政はまだ続くという悲観論(日刊ゲンダイ)」
http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__gendai_02032586.htm

要点は以下の通り。
「必要以上に自民大敗予測が出されているのは、巧みな与党のメディアへのリークによる世論操作ではないか」
「29日の投票日は全国的に夏休みで、夏祭りと重なる地域も多い。家族サービス優先で、選挙は二の次三の次になる恐れがある」

つまり、いわゆる「無党派層」の中で、先に記した「社会的手抜き(social loafing)」が起きるのではないかと金森は読み取った。
「どうせ自民大敗だろう。自分一人ぐらい投票に行かなくても、与野党逆転になるに決まっている」という動きを自民が狙っているのではないかということだ。

さて、今日はきちんと印象に残るように、メッセージは短くまとめます。(いつも記事が長すぎるという意見もあるし)。

「手抜きせずに、29日はきちんと投票しに行きましょう!!」
(レジャーと重なったら、きちんと事前に不在者投票を!)


・・・ちなみにもうちょっと読みたい方は、「社会的手抜き」と近い関係にある、ラタネの「傍観者効果」に関して記したこちらのバックナンバーをどうぞ。

|

« 傘に関する素朴な疑問 | Main | 沈黙は「禁」では済まない! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ”社会的手抜き”禁止!選挙に行こう!!:

» ”社会的手抜き”禁止!選挙に行こう!! [ニュースコミュニティ - FPN]
最近、Blogの記事が少々政治色を帯びているとの指摘をされた。 また、フリーで仕事をしていく上ではあまり政治的ポリシーを表面に出さない方がいいというアドバイスをくれた人もいる。 だがしかし、昨今の世情を見るにつけ、基本的にはノンポリの金森でも声を上げた...... [Read More]

Tracked on 2007.07.09 08:22 AM

» 15.3兆円の財源明示=参院選マニフェスト発表−民主 [FNN 2007参院選 −民主党マニフェストー]
民主党は9日、参院選のマニフェスト(政権公約)を正式発表した。同党が掲げた公約を... [Read More]

Tracked on 2007.07.09 03:07 PM

« 傘に関する素朴な疑問 | Main | 沈黙は「禁」では済まない! »