« Suicaポイントクラブ利用体験記 | Main | インタビュー:「高度化する顧客の要求とFAQ」 »

2007.06.07

身近な環境問題

またまた、マーケティングとは関係ない話題であるが、「身近な、かつ、深刻な環境破壊」に触れたので、備忘として記したい。いずれ関係省庁や自治体に問い合せをして回答をもらおうと思う。(但し、まだ十分に周辺情報が調べ切れておらず、浅薄な知識しかないので、詳しい方がいらしたら、コメントを頂ければ幸いです)。

東京の東の外れ、金森の住む葛飾区に接して流れる第一級河川荒川。この辺りだと中川と平行し、江戸川区の葛西臨海公園西側に位置する河口から東京湾へと流れ込む。
かつての公害問題の頃、「魚の住まない死の川」とされていたが、水質も随分と改善し、川辺から鯉を狙った投げ釣り、橋脚周りで手長海老釣り、また、護岸の切れ目で芦が群生している辺りではクチボソなどの小物釣りを楽しむ人も多い。また、海水の流れ込んできている河口近くなので、季節によってはハゼ釣りや、ルアー(疑似餌)でスズキを狙う人もいる。・・・おっと、趣味の釣りの話が長くなってしまった。

数年前から、この荒川に架かる総武線鉄橋や、その少し上流の平井大橋周辺で、よく漁船を見かけるようになった。ははぁ、“江戸前”のスズキやもしかするとアナゴでも漁師が狙うようになったのか?と思っていたが、何を捕っているのかはずっと分からなかった。
それが、先日川辺を散歩している人から聞き、正体が分かった。狙いは“シジミ”。味噌汁の定番の具である貝だ。千葉方面からやってきている漁船で、川底をガラガラとかき回し、根こそぎ掘り返し捕っていくという。かつてはもっと河口に近い葛西あたりで漁をしていたらしいが、採り尽くし、上流に登ってきているのだと聞いた。いくら水質が改善されたとはいえ、荒川のシジミが売れるのか?と思ったが、北朝鮮から輸入したアサリを、日本の海でしばらく置いておけば、日本産として出荷できるのと同じカラクリのようだ。“千葉産シジミ”として出荷されているのだろう。

シジミの乱獲、産地の表示問題もさることながら、荒川の生態系への影響が看過できない。漁のために川底を根こそぎかき回す。すると、せっかく帰ってきた鯉は恐がり、さらに上流に登っていってしまう。この辺りで姿を見ることができなくなる。さらに深刻なのはハゼだ。ちょうどこの辺りはハゼの産卵場所ともなっていると聞いた。川底が荒らされてしまえば、その卵も被害を受けるに違いない。

ここから先はさらに調べねばならないが、荒川のこの近辺は、いわゆる“漁業権”などが設定されておらず、「やりたい放題」になっているのではないだろうか。
所轄官庁はどこだろう。河川のことであれば国土交通省河川局だろうか。水産資源の保護であれば農林水産省か。とりあえず、この記事をBlogにアップして、両省に問い合せをしてみようと思う。

少ないソースから得た、一次情報なので、間違いもあるかもしれない。もし、詳しい方、他に除法をお持ちの方がいらしたら、ご一報いただければ幸いです。

|

« Suicaポイントクラブ利用体験記 | Main | インタビュー:「高度化する顧客の要求とFAQ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 身近な環境問題:

« Suicaポイントクラブ利用体験記 | Main | インタビュー:「高度化する顧客の要求とFAQ」 »