« 連休最終日のお勧めは・・・ | Main | 携帯電話イノベーションの可能性? »

2007.05.07

街間競争を機に都市景観論の進展に期待

過日、青学での講義を終え、必要な物を購入するため、久々に渋谷の街へ。目指すは東急ハンズ。最短距離はセンター街を抜けるルートだと記憶している。
ハチ公前のスクランブル交差点を渡り、センター街に突入。・・・いつも思うが、この街は人が多すぎる。金森の「タウンウォッチ」の拠点、銀座、表街道、丸の内・・・等々と比べれば10倍ぐらいの人口密度ではないか?
疲れる。
しかし、疲れる原因は「人混み」だけではないようだ。
最近、「都市景観論」が活発だが、このセンター街は、そんなものから除外された「特区」のようだ。建物も屋外広告もバラバラ。原色をちりばめた世界のよう。
さらにふと、気付く。「音」だ。
センター街入り口前のスクランブル交差点で信号待ちをしている時に、既に通過する広告トラックの放つ音の洗礼を浴び、さらに歩くうちに、各店舗の入口からは思い思いの喧騒たる音楽と呼び込みの大声が放たれている。
さらに、街頭配布物を通行人に手渡さんと、揃いの服を着た一群が混じり合い、各々、「お願いします!」と声を張り上げている。
・・・どうにも、耳からも疲れる。
「都市景観論」は昨今活発だが、「音」に言及した論は少ないように思う。是非、検討してもらいたい。

「にぎやかでイイじゃん!年寄りだからだよ。」と、言われれば、「お呼びでない?」と退散するしかない・・・。
しかし、ミッドタウンに新丸ビル。東京湾岸各所や東京駅の再開発と、いわゆる「街間競争」は今後、さらに激しさを増す。そして、それらの新しい街は「調和」がテーマに入っている事も特徴だ。自然調和、周辺調和、来訪者の世代間調和、等々。
迎え撃つ古い街の代表格の銀座も、ようやく「景観論争」に一応の決着がついた。また、今日も「中高年の街」になることなく、老若男女を吸引する魅力を保っている。
「調和」を持った街づくり。そんな事を考えるのも歳のせいとの指摘もあるだろうが、あえて今回は主観的に締めくくる。
街は永続的な存在である。特定世代が訪れ、卒業していくというスタイルもあってもいいかもしれない。しかし、自らが齢を重ねるごとに、更に懐の深さを感じさせてくれ、新たな発見・体験があるような街が私は好きだ。
金森馴染みの銀座老舗の帽子店。自身がおっかなびっくり、そこを訪れた時、初めてのソフト帽の購入に際し、手慣れた店員に加え、色々アドバイスをくれたのは、一回りも歳上と思われる馴染み客の紳士であった。
「調和の取れた街」。そこは、どこか街も集う人も温かく感じる。
「論拠を示せ」、といつもの金森の如く詰め寄られると困るのだが。

|

« 連休最終日のお勧めは・・・ | Main | 携帯電話イノベーションの可能性? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 街間競争を機に都市景観論の進展に期待:

« 連休最終日のお勧めは・・・ | Main | 携帯電話イノベーションの可能性? »