« これでいいのか文科省? | Main | 「“クサイ東京”にオリンピックはやってくるのか?」 »

2007.05.23

季節の移り変わりの感性まで捨てるのか

どうも最近、このBlogの記事が「マーケティング」を離れて、「社会時評」めいていると言われることがある。確かにそうかもしれない。
しかし、経済活動は「社会」という大きな枠組みの中で行われている。
また、「カスタマーインサイト」に代表されるマーケティングの要諦である「顧客心理」も、その動きにつれ大きく変わる。
「社会全体の大きな動き・うねり」を看過することはできないのだ。

と、大上段に始まってしまったが、実は今日は「ラーメン屋での体験」という、久々のユルユルなネタを用意していたのだが、どうしても気になることがあり、その記事は金曜に廻すことにした。まぁ、そういうネタは週末の方がいいかもしれないし。

さて、標題の件。「サマータイム制の導入」についてである。
日本では過去1948年から4回にわたって実施、その後廃止されていると記録にあり、また、1995年あたりから「省エネのため」というほぼ、今日と同じ名目でに何度も話が出ては消えしている。
しかし、特に、今回は日本経団連と自民党中川幹事長が「温暖化対策」という昨今の金科玉条のごとき名目を持ち出し、安倍総理も温暖化対策が焦点となっている6月の主要国首脳会議で日本のアピール材料として積極的に持ち出す構えを見せているようだ。何となく今回は押し切ってしまいそうな様相が見て取れる。

「サマータイム反対派」の論は、「1時間ぐらい時間を繰り上げても、夕方明るいうちに仕事が終わるわけないだろ!」というものが大半だ。確かにそうだろう。
先だって見送られた「ホワイトカラー・エグザンプション」もそうだが、どうにもこの手のことを推進しようとする際、経団連も自民党も、実行に際しての詳細を詰めずに大枠だけでその是非を論じようとするのだろうか。
これで押し切ろうというのであれば、また「ホワイトカラー・エグザンプション」の時と同じく、「残業が増えるじゃねぇか!」と反対の大合唱が起きるだろう。

ただ、今回金森はちょっと別の観点でこの制度の導入に反対をしたい。マーケターらしからぬ、ロジカルでない切り口かもしれないが、感性の問題だ。
個人的に、春から夏にかけての季節が好きだ。薄暗いうちから仕事に向かい、終わった頃には空にはしっかり星が出ているような厳しい冬を経て、朝目覚めると「ああ、もうこんなに明るくなっている」と驚かされる春がやってくる。夏には「こんな時間なのにまだ薄明るい」と熱気と夕風が入り交じる残る薄暮の街に少しワクワクする。
季節によって、勝手に時間を繰り上げたり、繰り下げたりしていては、そうした感覚などなくなってしまうだろう。
特に夜、必死で働いて、何とかまだ薄明るいうちに仕事を終えられたときの喜びはなくなる。かえって「まだ明るいから」とダラダラ仕事をしてしまいそうだ。

先日、「祝日を移動させて秋の連休を作る」ということに反対の論を述べた。今度は、季節感さえも奪おうというのだろうか。
祭日の「本来の謂われ」を忘れ、「四季折々で感じるべき風情」も人工的にかき消し、ものごとの「節目」をどんどん喪失していく。
そんな国を「美しい日本」と、その言葉を発した宰相は呼べるのであろうか。
様々なところで「節目」を失っていって、今、この国がどんなにグダグダになっているのか、その目をよく開いてみるがいい。

|

« これでいいのか文科省? | Main | 「“クサイ東京”にオリンピックはやってくるのか?」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 季節の移り変わりの感性まで捨てるのか:

» 季節の移り変わりの感性まで捨てるのか [ニュースコミュニティ - FPN]
どうも最近、このBlogの記事が「マーケティング」を離れて、「社会時評」めいていると言われることがある。確かにそうかもしれない。 しかし、経済活動は「社会」という大きな枠組みの中で行われている。 また、「カスタマーインサイト」に代表されるマーケティング...... [Read More]

Tracked on 2007.05.23 11:14 AM

» ホワイトカラーエグゼンプションと残業 [ホワイトカラーエグゼンプションと残業]
ホワイトカラーエグゼンプションという法律と残業の関係は?残業代がゼロになると困るよね…給料が減っちゃう… [Read More]

Tracked on 2007.05.31 08:54 PM

« これでいいのか文科省? | Main | 「“クサイ東京”にオリンピックはやってくるのか?」 »