« うまい!「はなまるうどん」 | Main | 私的「花見論」 »

2007.04.05

タダより高いものはない~フリーペーパー乱立時代に思う~

金森は「タウン・ウオッチ」が趣味なので、実によく街を歩く。そしてしばらく歩くと、必ず5~6部のフリーペーパーを受け取ることになる。
しかし、そのフリーペーパーの大増殖が最近気になってならない。
リクルートの「R25」などは既に立ち撒き配布はしていないので、新橋駅の所定コーナーに発行日に取りに行くが、同誌ほど内容的に洗練されたフリーペーパーは数えるほどしかないという感じがする。
なんと内容の乏しいものが多いことか。
社団法人日本印刷技術協会発行の「日本のフリーペーパー2006」が把握するデータでは、2005年現在国内の発行社950社。紙誌数は1,200種。年間総発行部数91億部で実に雑誌の倍に達しているという。
全1,200種のうち、読むに値するものはどれぐらいあるのだろうか。しかし、「タダだからいいか・・・」という気にはなれない。

かつてのインターネットの創生期、WEBサイトが徐々に立ち上がっていった頃のことを思い出す。
作る側は「閲覧はタダなんだから、どんなものを作ってもよかろう」という気でいた。
しかし、ユーザーは(当時は定額制の接続も高速回線もなかったので)「高い接続料と、ダウンロードする時間を我慢しているんだから、閲覧をタダでしているんではない!」と内容に対する厳しい注文を付けてきたものだ。

転じてフリーペーパー。インターネット創生期の「接続料」に相当するような、読み手が負担するコストは発生しない。
しかし、「ダウンロードする時間」と「閲覧する時間」に相当する、「受け取ってから読んでいる時間」という消費される「時間」は同じだ。
金銭的なコストの問題だけではない。人間に等しく与えられた1日24時間という時間。さらに、個々人が持つ、その中の「可処分時間」。それを「フリーペーパーを読む」という時間として費やしているのである。決してタダではない。
インターネット創生期と同じく、提供側も読者も「可処分時間の消費」にもっと注目すべきではないか。「読むに値する内容を提供しているのか」「自らの時間を消費するに値するものを読んでいるのか」と。

「つまらなければ、捨てていただいて結構です」という提供者側の理論。「ぱっと見て、つまらなければすぐ捨てるし、たまに面白い記事や得するクーポンがあれば、めっけ物だから」という読者の理論。
そう考えると、利害は一致しているようにも思える。

しかし、年間総発行部数91億部という前出の数字を思い出して欲しい。
自ら金銭を払って購入した新聞・雑誌であれば、そんな「ぱっと見て捨てる」ような行為はすまい。また、編集・発行する側も「対価を受け取るなりの責任」を持って紙面作りをしているはずだ。
しかし、捨てられる、捨てることを前提で作られている91億部もの紙誌。それらが制作され、廃棄処分される過程でどれだけの環境負荷が発生しているかを考えると、うっかり受け取ることができなくなるはずだ。
環境負荷というツケは、回りまわって自らに戻ってくる。やはり、「タダより高いものはない」のである。

|

« うまい!「はなまるうどん」 | Main | 私的「花見論」 »

Comments

これからは、金より時間のほうがますます大切になってくるから、
消費者としては、「たとえ無料でも価値のないものはいらない」
という価値観が優勢になってきますよね。

ですから、「タダだから内容の質は我慢して」という甘い考えを
持ってるフリペはすぐ淘汰されちまうでしょうね。

そういえば、セミナーなども、無料だとかえって集まりが悪く、
相応の値段を設定した方が集客数が多かったりしますね。

Posted by: 松尾順 | 2007.04.05 01:10 PM

松尾さん、早速コメントありがとうございます。

そうなんです。「時間」なんですよ。
「格差社会」とか「勝ち組・負け組」とか議論がありますが、色々な条件の差異はあれ、人として変わらない唯一絶対の条件が、「一日は24時間」という絶対的な真理なのです。
その「時間」をどう使っていくかがこれからの時代を生きる人間のキーワードであり、それに応えていくのが成功するビジネスのポイントですね。

Posted by: 金森努 | 2007.04.05 01:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タダより高いものはない~フリーペーパー乱立時代に思う~:

« うまい!「はなまるうどん」 | Main | 私的「花見論」 »