« マーケターとしての「気」の研究 | Main | 目に見えない”基本サービス”の励行を! »

2007.04.12

高度化の代償?

現在使っている携帯。かなり気に入っている。
カメラは300万画素。このブログの「桜ギャラリー2007」も自分で撮影した画像は全てこの携帯からだ。
メールの添付ファイルも閲覧できるので、ちょっとした確認ならいちいちパソコンを開く必要もない。
また、少々通信費はかかるが、「フルブラウザ機能」でパソコンと同じWEBサイトを確認できる。

この携帯端末を買った直後に、同じキャリアから「極薄タイプ」が登場して、少々「失敗したかな?」とも思ったが、機能的に金森の要求を満たすものではなかった。

で、大満足なハズのこの携帯。困った側面を露呈しはじめている。
「携帯多機能化」の代償であろうか。パソコンのように「ハングアップ(いわゆる“固まる”)」のである。
実は、この端末は「二号機」。発売直後に飛び付いたものの、何らかの操作を行った際、ハングアップして勝手に電源が落ちてしまう事象が多発した。
さすがにこれはたまらないので、ショップに持ち込んだ所、「新品と交換」となった。
こういう場合、クレーム再発防止のため、交換機にはキャリアで十分なチェックが行われたものが出される。
が、悲劇再びである。
タウンウオッチのため、銀座を歩く。「これは!」というシャッターチャンスに恵まれ、携帯で撮影。やった!文章にこの画像を添えれば面白い記事になる。と、思いきや、スーッッと画面が消えていく。
今にして思えば、確かに保存先に指定していたマイクロSDをうっかりスロットから抜いたままだった。だが、その際は「本体メモリに保存しますか」のアラートが出るハズ。
しかし、今回はそれもなく、数秒のフリーズの後に、端末が勝手に再起動をして、撮影した画像は消えた。

この一連の現象は、一昔前のパソコンのようだ。
ユーザーの多様な要求に応えようと、様々なソフトが本体にプリインストールされる。しかし、それらを全て処理できるほど本体の性能は高まっていない。結果としてハングアップが多発する。

いっそ、ユーザーが求める機能を購入時に選択する、BTO(Built To Order)の発想を取り入れたらどうだろう。そうすれば、ハングアップの危険性は低減し、さらに「自分だけの携帯」という愛着も生まれるのではないだろうか。
いたずらに機能、デザイン、カラーバリエーションを競い合うだけが「競争戦略(戦術?)」ではないだろうに。

|

« マーケターとしての「気」の研究 | Main | 目に見えない”基本サービス”の励行を! »

Comments

初カキコです。
携帯のBTOはもう少ししたら起きそうですね。
おっしゃるように筐体のデザインやカラバリでシェアの奪い合いをしている現状ですが、今のところこれなくしては最終的に価格競争に陥ってしまうから、キャリア同士が避けているような気がします。
でも、本当はキャリア独自のサービスの充実だと思うんですが、携帯って結局コンテンツ重視なのかなあとか最近思います。(キャリア独自のサービスが作りにくいのかな?)
でもって、携帯で独自性のあるコンテンツは発想が追いつかないというのが現状かなと。
でも、ドコモはひそかに電話帳お預かりサービスとか、ちょー渋いサービスを始めたりしているんですよね。(最新機種のみ対応らしい)
ちなみに、今の若者(20台前半)はPCで検索するよりもすぐ携帯で検索するようですね。いや別に若い子と交流があるわけではありません。。

Posted by: 884 | 2007.04.13 01:26 AM

コメントありがとうございます。

>でも、本当はキャリア独自のサービスの充実だと思うんですが、携帯って結局コンテンツ重視なのかなあとか最近思います。

確かにおっしゃるとおりですね。
ハードウェアの進化には限界がある。
但し、携帯はネットワークにつながっているという強みがある。
その強みをいかさない手はないですよね。
携帯関連のコラムは月末にもまた書きますので、参考にさせていただきます。

Posted by: 金森努 | 2007.04.13 12:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高度化の代償?:

« マーケターとしての「気」の研究 | Main | 目に見えない”基本サービス”の励行を! »