« ラジオの取材を受けました | Main | 「IT・アナログが紡ぎだす『パーソナライズの時代』」 »

2006.01.11

【書下ろしミニコラム】何故の「専用」?

画像の様な改札の「SUICA専用レーン」が増えている。
「専用」とか言われると、何か嬉しい。
ヒトは特別扱いされるのに弱い存在なのだ。

しかし、冷静に考えてみれば、この場合の「特別扱い」される利用者のメリットとは何だろう?
スイカにしたくてもできない私鉄乗り換えの磁気カードユーザーはまず、このレーンから排除される。
では、この専用レーンのおかげでスイカユーザーに何らかのメリットが供与されるのか?
一利用者の視点からすれば、答えは「否」である。

専用レーンに並ぶと必ずと言っていいほど、うまくスイカを「かざす」事ができずに、
ゲートでブロックされる利用者がいる。その後に並んでいたら、確実に遅れを取る。

そんなワケで金森はいつもスイカの「専用レーン」は避けている。

JRとしてはEdy、第三勢力であるセブンアンドアイに負けじと一気呵成をかける気持ちは分かる。
しかし、そこに「顧客視点」を忘れたプロダクトアウト的な理論が働かない様に願って止まない。
P1060116

|

« ラジオの取材を受けました | Main | 「IT・アナログが紡ぎだす『パーソナライズの時代』」 »

Comments

そもそもスイカ(=非接触式)を導入する理由のひとつに
 ・改札機のメンテナンスコスト削減
があるので、スイカ機能のみに絞った改札機がいくつか導入されるのは仕方ない流れかな、と感じています。

従来の、キップが通り抜ける機構を持つ改札機は、毎日の酷使でメカ部分の故障は避けられませんから。。

長蛇の列ができてしまうなど、劇的に不便になるのでなければコスト削減に協力する姿勢でいたいと思います。定期利用の多い駅とキップ利用の多い駅で、専用機と従来機の配置バランスは気を使ってほしいですね。

Posted by: 要はバランスですね | 2006.01.15 12:17 AM

なるほど!メンテナンスコスト削減効果ですか。
確かに、朝の混んだ中、切符が詰まって中を開けている改札機をしばしば目にします。
そのロスタイムを考えると、顧客側にもメリットはありますね。
貴重なご指摘、ありがとうございました。

Posted by: 金森努 | 2006.01.16 02:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【書下ろしミニコラム】何故の「専用」?:

« ラジオの取材を受けました | Main | 「IT・アナログが紡ぎだす『パーソナライズの時代』」 »