« 「電子ペーパーディスプレー」見てきました | Main | 本日12/10の「NIKKEIプラス1」にコメントを掲載いただきました。 »

2005.12.09

【緊急書き下ろしコラム】「あり得ないことがなぜ起きるのか?」

 昨日のみずほ証券による大量発注ミスは、担当者がジェイコムの株を「61万円以上の値段で1株売りたい」とした顧客の売り注文を、「1円以上で61万株売りたい」と取引システムに入力したことが原因であるという。当然、システムには異常な注文入力に対するアラートを発する機能があり、そのアラートは発せられたにもかかわらず担当者は「見逃した」という。結果としてみずほ証券は300億を超すともいわれる損失を出し、グループ全体から支えてもらわなければならないような事態に陥った。

 担当者の「通常ではあり得ないいような初歩的なミス」でクライシス(存亡に関わる危機)が発生する。みずほ証券だけではなく、今日の日本においてはそのような事故は頻発するようになってしまった。先日あるメーカーの方から「機械の保守作業において電極の+と-を繋ぎ間違えそうになった担当者がおり、大事故が起きかけた」という話を伺った。「普通に考えればあり得ないことなので、研修のプログラムにも組み込めない。『電気には+と-があります』というところから教えなくてはならないのか。しかし、そこまでの低レベルを想定するともはや事故の原因となる要素は無限になり想定不可能だ」。とこぼしていた。
 ベテラン社員が大量定年退職し、その知識や技能が失われるという2007年問題。労働力が減少し、今後は今まで複数人で行っていた業務を、一人が何役もこなさなくてはならないため、トラブルも予想される少子化問題の影響。しかし「普通に考えれば分かるだろう!」という類の事故はそれらと問題の根本を異にする気がする。原因は何か。それは「最低でもこれとこれを確認してから実行しなくてはならない」という、その職に就く者であれば当然の「常識の欠落」である。

 ではなぜ、その「常識」が欠落してしまうのだろうか。それはその職業に対する最低限のモラルが欠落しているからではないか。つまり問題の根本は「モラルハザード」にあると考えられる。「知識や技能」は詰め込んででも教え込むことができる。しかし「モラル」は本人の自覚がなければ、いくら周りで騒ごうとも身に付くものではない。そこに問題の根深さがある。
 「モラルハザード」は目をこらせばいくつもの事故・事件の根本原因となっている。「定刻よりも安全を守ること」が交通事業に就く者の最低限のモラルであるにも拘わらず起きてしまった尼ヶ崎の列車事故。今まさに渦中であるマンションの耐震強度偽装事件も、建造物の安全性を確保することは建設業の最低限のモラルであったはずにもかかわらず、不当なまでの利益を確保するためそのモラルはあっさり破られている。一体、日本の産業界のモラルはどこへ行ってしまったのか。

 しかし、モラルハザードは産業界だけに留まっていない。「人間の生命と尊厳」という最も守るべきものをいともたやすく壊す殺人者たち。金銭がらみや、止むにやまれぬ事情で他人を殺めるのではなく、その対象はいたいけな幼女であったり、自らの子供であったり、親だったりと、通常では考えられない相手であり、その理由も快楽目的や自己中心的な衝動的なものであったりする。

 社会全体が病んでいる。最近はそう考えると、朝、新聞を開くのが恐ろしくなる。社会面に載るような殺人事件や事故も経済面のトラブルも問題の根は繋がっていると考えると、社会全体の病の重さが恐ろしいまでのものであると感じられる。
 今回の証券会社のトラブルから殺人事件までを繋げて考えるのがおかしいのかもしれない。しかし、私にはどうしてもそう感じてならないのだ。この先向かう未来はどうなってしまうのだろうかと。「今日は昨日の続きでも、明日は今日の続きではない」と考えればまだ救われるのだが・・・。 

|

« 「電子ペーパーディスプレー」見てきました | Main | 本日12/10の「NIKKEIプラス1」にコメントを掲載いただきました。 »

Comments

 ほんと、モラルはどこに行っちゃったんでしょう?自分も最近はニュースを見るのも嫌な日々です。今考えてみれば、バケツにウランは(イヤな)先駆けだったのかなあ、と思います。
 自分の詳しいIT業界にしても、Blasterに世田谷区や郵便局のATMが感染した頃は呑気だったなあ、と思います。今じゃWinnyで情報漏洩なんて、当たり前すぎる記事になってしまいました。秋田県湯沢市で市民の個人情報が流出した事件なんて、同じ行政マンとして「なんでクビにならないんだ?」とか思いましたし。
 戦後の戦争処理のツケのように、これらのモラル問題もデフレ脱却後(本当に来年秋までに脱却できるのか?)にも長く続きそうで本当にイヤですね。

Posted by: karinon | 2005.12.10 10:43 PM

今回の記事のついては多数の方にトラックバックを付けていただいたり、コメントをいただきました。ありがとうございます。
皆さん「憂国の思い」は共有していただけたのだと思います。

しかしまた、本日また「あり得ないこと」が起こってしまいました。

京都の学習塾で教員が小学児童を殺害した。

「あり得ないこと」です。

その地区では一連の幼女殺害に対応すべく、地域ぐるみで警戒を強化していた矢先とのこと。「想定外のこと」との自警団の方のコメントがやはり金森の憂慮を裏付けてしまっています。
また、学習塾長のコメントは「教員の倫理教育を強化していた矢先」のようなことでした。

もはや我々はどこを、何を、誰を、安全・信頼としてよいのでしょうか。
みずほ証券は一社員の「職業人としての『モラルハザード』」によって300億(未確定)の損害を被りました。
しかし、小学女子一人の命の値段を付ける術もありませんが、「人間一人の命は地球一つに等しい」というヒューマニズムの原則からすれば、同じ「あり得ない」ことであることは言うまでもありません。
しかし、新聞報道によれば、容疑は過去に粗暴な振る舞いの前歴があったとのこと。そうなると、「きちんとした採用手順を踏んでいたが残念」とする、その採用基準にも疑問が残る。同学習塾は教員確保に苦労していたそうだからである。「頭数が欲しい」と思って採用時に不安を覚えた人物を採用していたのだとすれば、同塾の責任者には「未必の故意」があったという責めがあってもしかたがなかろう。

この悲惨な事件は、「モラルハザード」という意味で、耐震設計偽造事件や、営利目的ではない殺人・傷害事件と全て根本を同じくするように思える。

かつては美しく秩序あったの国は、この先どこへ行ってしまうのか・・・。

毎朝、新聞を「うきうきした気分」で開くことができる日が戻ってくるよう祈るしかないのだろうか・・・。

Posted by: 金森努 | 2005.12.11 01:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【緊急書き下ろしコラム】「あり得ないことがなぜ起きるのか?」:

» ゆっくり歩け、たくさん水を飲め! [after 911]
「ゆっくり歩け、たくさん水を飲め!」 みずほ証券のニュースを朝の新聞で見て、まず頭に浮かんだのはこの言葉でした。 「証券市場に残る誤発注」なんて言われていますが、 単純ミスで300億円以上の損失とは、恐ろしい世の中になったものです。 よくご存じないという方のた..... [Read More]

Tracked on 2005.12.09 08:01 PM

» 顔が見えない‘存在感’のない巨額損失事件の痛々しさ〜みずほ証... [なりぽん@厭離庵]
みずほ証券が、株式の注文の操作を誤ったために300億円を超える損失(未確定)を蒙りそうだ。20年近く、ディーラーとしてメシを喰ってきた経験のある私としては、様々な損失事件を見聞きしてきたが、今回のような単純な事務的なミスで巨額の損失が発生するのは、不謹...... [Read More]

Tracked on 2005.12.09 09:59 PM

» みずほ証券、ジェイコム株「61万円で1株」を「1円で61万株」にして大損失!! [**今コレ★** 〜今流行のこれって何??〜]
ジェイコム株 単純ミスで大損失 東証「安全装置」なく なんでも、みずほ証券の担当の人がジェイコム株を「61万円で1株」ってのを「1円で61万株」で購入にしちゃったらしく、会社は一晩にして、ん百億って額を損したとか。 いやー、株の世界は恐ろしい。 しっかし、単位を逆にしちゃっただけなのに、ホントお気の毒。 これに比べたら私が落とした2万円なんて微々たるものですね。 そうですね。(遠くをみつめて) ... [Read More]

Tracked on 2005.12.09 11:44 PM

« 「電子ペーパーディスプレー」見てきました | Main | 本日12/10の「NIKKEIプラス1」にコメントを掲載いただきました。 »