« ”顧客視点”入門講座:第8回 | Main | 【緊急書き下ろしコラム】「あり得ないことがなぜ起きるのか?」 »

2005.12.05

「電子ペーパーディスプレー」見てきました

E-Paper
Watchers
以下、asahi.comより。

ポスターを電子仕掛けに JR東京駅で実験開始

 駅ポスターの電子化を目指して、JR東京駅構内で「電子ペーパーディスプレー」の実験が始まった。厚さ最大1センチ、A4サイズの大きさで、白黒表示。電子ペーパーに内蔵された無線LANアンテナで外部から広告などの内容を受信、自動的に書き換えていく。薄型電池で稼働し、紙のように扱えるという。14日まで。

 電子ペーパーを開発した日立では、1年後にはA3サイズ、カラー表示のものを実用化し、ポスターなどの広告や各種案内表示の電子化を進めていく。

・・・すっかりアップするのが遅くなってしまいましたが、当日の夜、東京駅に行ってみてきました。

実物を見ると、以下のイメージのようにコピーした新聞紙を貼り付けたぐらいの鮮度であまり・・・というか、まだほとんど見られるモノではありません。

ただ、数分おきに内容が無線LANで書き換えられていく、その瞬間を目にすると「おっ!」と思いますね。
実用化にはまだまだという感が強いですが、更に注文を付けるとすれば、WEBバナーのローテーションのように切り替わるだけではなく、見た人に何らかの行動を起こさせるか、足跡を残させるかといった工夫が必要だと思います。
携帯連動が一番相性がいいように思うので、QRコードをどの広告にも必ず表示するなどの方法が一番簡単ですね。

そうすると、駅張りポスターもネットの世界のように成果報酬型に変わっていくのでしょうか。
今後の展開が楽しみであります。



|

« ”顧客視点”入門講座:第8回 | Main | 【緊急書き下ろしコラム】「あり得ないことがなぜ起きるのか?」 »

Comments

このポスターのように、もっと街中に出てきて欲しいですね。
ある記事で来年は、本当の意味でのユビキタス元年って書いてありました。

富士通さんもCMやってますし。
http://jad.fujitsu.com/adver/tech/main03.html

Posted by: kj | 2005.12.06 11:02 PM

富士通のCM見ました。
昔からすると本当に魔法かSFのようなことが現実になってしまうのですね。
特に「ユビキタス」という領域においてはそれが実感されます。今後も要チェックですね。

ユビキタス&要チェックということでは、関西学院大学の井上哲浩先生の動向も要チェックですね。
http://www-business.kwansei.ac.jp/%7Eainoue/index.html
「ユビキタス」という言葉ができた頃からずっと色々な研究をされています。
研究成果の発表などがありましたら、またご紹介いたします。

Posted by: 金森努 | 2005.12.08 12:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「電子ペーパーディスプレー」見てきました:

« ”顧客視点”入門講座:第8回 | Main | 【緊急書き下ろしコラム】「あり得ないことがなぜ起きるのか?」 »